松本市高宮にある専門結婚式場 ザ・ブライトガーデン

松本市高宮にある専門結婚式場 ザ・ブライトガーデン
  • フェア予約 資料請求
    ご列席者の皆様
  • TEL:0263-29-1122 営業時間 10:00~19:00(火曜定休日)
  • ウェディングフェア
  • コンセプト
  • 挙式スタイル
  • パーティー会場
  • お料理・ケーキ
  • ブライズビューティー
  • プラン
  • アクセス

ブログ

笑顔のチカラ2017年12月11日

楽しいなー!
嬉しいなー!
幸せだなー‼ と思うときに人は笑顔になります(^‐^)

ブライトガーデンでは、
たくさんの皆さんの笑顔を見ることができます。
その中でも、とびきりの笑顔を見せてくださったおふたり




コーディネートが新しくなったばかりのチャペルで
挙式されたおふたりは、幸せな笑顔に満ちていました☆








おふたりの幸せをお祝いするために
北海道や沖縄からもたくさんのゲストが集まったWedding❤
笑顔はゲストの皆さんにも広がります!







ふたりの大切な人たちが集まった一日。
その日を、みんなが幸せに過ごすためには
☆笑顔のチカラ☆が必要です!




おふたりの☆笑顔☆から、
私たちスタッフも、幸せをもらいながら
どんな瞬間も笑顔で過ごせるようなWedding を
Bright Gardenではお手伝いしたいと思います♪




写真だけでは伝えきれないエピソードや感動秘話をスタッフブログで日々紹介中!
結婚式のお問い合わせはこちら
0263-29-1122



クリスマスカラー2017年12月2日

季節はいよいよ12月。恋人たちのビッグイベント『クリスマス』がもうそこまで近づいています。


クリスマスと言えば赤と緑のクリスマスカラー。
皆さん、クリスマスカラーがどうして赤と緑なのかご存知ですか?

クリスマスとはもともとイエス・キリストの誕生を祝う祭りが始まりで今日に受け継がれています。その誕生において重要なカラーが『クリスマス・レッド』。
キリストが生まれた時に次々と実を結んだ林檎の実や、ヒイラギの実、サンタクロースや妖精ニッセの帽子の赤にちなんでいるそうです。
そして、緑と言えばツリーとして使われるもみの木を思い出します。
もみの木は常緑樹として一年中色を変えないエバーグリーンの植物です。
この強い生命力から希望の木とされ、永遠の命を象徴しています。

クリスマスカラーが緑と赤なのを簡単に説明すると。
緑は、クリスマスツリーに使われる木が一年中緑から色を変えないことから。永遠の命を象徴し、赤はイエス・キリストが私達に永遠の命を与えるために流した血を表しています。

この季節、ブライトガーデン、セージではクリスマスカラーの色鮮やかなコーディネートで賑わいを見せています。そんな様子は毎週行われるフェアや試食会などで見ることができますので、お気軽にご来館ください。



写真だけでは伝えきれないエピソードや感動秘話をスタッフブログで日々紹介中!
結婚式のお問い合わせはこちら
0263-29-1122


プーさんウエディング♪2017年11月27日

ウエルカムスペースにいるのは
おおきなプーさん!!
お二人が大好きだというプーさんがゲストをお迎えです!

右手の風船までそっくりに♪

そして、プーさんは いたるところに。。



こちらは ゲストの皆様との思い出の写真を飾る
メッセージツリー
学生時代の写真やご家族との写真を飾っていました♪

さらに、受付でカードにメッセージを書いてもらって
飾り付けをしてもらっていたので、

ふたりが入場するときにはたくさんのメッセージが!
入場前のドキドキもほぐれた様子のお二人でした☆彡



そして、扉を飾るのは
プーさん&ピグレット
「いってらっしゃーい!」と声が聞こえてきそう

披露宴の結びまで、大好きなゲストの皆様と
プーさんに見守られて幸せそうなお二人でした!

写真だけでは伝えきれないエピソードや感動秘話をスタッフブログで日々紹介中!
結婚式のお問い合わせはこちら
0263-29-1122

ブライダルシーズン2017年11月10日

信州の山々が日ごとに色鮮やかになってくるこの頃。
秋のブライダルシーズンがやってきました。
今年もブライトガーデンのチャペル、『セント・スティーブン』では神聖なバージンロードを多くの花嫁が歩みます。
バージンロードとは和製英語。海外では通じない場合も・・・
正確にはwedding aisle(アイル)」(花嫁の為の通路)と呼びます。


「バージンロードを歩く」という儀式は最も感動するシーンでもあります。
バージンロードを歩く“一歩一歩”は、“花嫁が生まれた日”から今日までの道のり”を表しています。
今までの人生を意味するバージンロードを歩む前に行うベールダウン。この儀式は「お母さんお腹の中、0歳に戻ります」の意味だそうです。
「これから始まる長い道のりに幸あれ」の意味を込めて、そっとベールを降ろします。
そして、生まれた日、今まで生きてきた1日1日を思い出しながら。お父さんと一歩ずつ、歩みを進めます。
そしてバージンロードの中盤は、“今日”を示し、ここで彼にバトンされます。
娘からお嫁さんに変わる時がやってきます。
バージンロードを歩く相手は大切な人であれば誰でもかまいません。
一緒に歩いてくれる特別な人には、今日の歩みの意味と、たくさんの感謝の気持ちをしたためていれば・・・

あなたは誰と歩きたいですか?

写真だけでは伝えきれないエピソードや感動秘話をスタッフブログで日々紹介中!
結婚式のお問い合わせはこちら
0263-29-1122

誓いのとき2017年10月10日

『結婚しよう!』
『ふたりで幸せな家庭を築いていこう(^-^)』

その誓いを交わすのが 『挙式』です。

結婚するふたりはその決意をあらたにし、
ご家族やゲストは、ふたりの誓いを温かく見守る
大切なセレモニーである『挙式』。

今日、ご紹介するのは『人前式(じんぜんしき)』のスタイルです。
人前式は、挙式を行う場所は問いません。
ガーデンやパーティー会場、チャペルで行うことが出来ます。
また、演出もおふたりの希望に合わせて選ぶことが出来る、
自由度の高い『挙式』です。



こちらは、新郎様が新婦様へ、プロポーズの証として
ブーケを贈るシーンです。




そして、新婦様はプロポーズに対して、『YES!!』の代わりに
新郎様の胸ポケットに一輪の花『ブートニア』挿して応えます。


たくさんのゲストに囲まれて、結婚を決意した『プロポーズ』のシーンから
おふたりそれぞれが誓いの言葉を述べ、その誓いを形にする『指輪交換』を
見守れるゲストの皆さんは、『これからの新郎新婦の未来が幸せであり続けるように』と
気持ちをひとつに心から祝福されています。




ゲストの皆さんから受ける拍手は、おふたりに対してのエールです!

『挙式は緊張するし、恥ずかしい・・・』とおっしゃる方もいらっしゃいますが、
大切な方々を前にして『誓いのとき』を経て、皆さんが★素敵な夫婦★になられる日。
結婚式って、素敵な日です(^-^)♪


おふたりにとって一生忘れられない『誓いのとき』。
皆さんのイメージしている瞬間が大切に叶えられる
ブライトガーデンでありたいと思います。




写真だけでは伝えきれないエピソードや感動秘話をスタッフブログで日々紹介中!

結婚式のお問い合わせはこちら
0263-29-1122







大切な思い出2017年10月6日

先日嬉しい再会がありました。
4年ほど前に衣裳担当をさせていただいたお客様がご来館されたのです。

毎年、年賀状で近況を教えてくださっていたお二人でしたので
いつかお目にかかれたら…と楽しみにしていました。

時間が経ってもこのようにして再会しお話できることはとっても嬉しいですし
何といってもこれからの私のエネルギーにもなります。



衣裳サロンに入ると、懐かしそうにドレスを眺めていらっしゃいました。
結婚式場ってやはり特別な空間のようです。
当時のことを思い出してくださったのでしょうか…

やっぱり結婚式って大事ですよね
今だから余計にそう感じます

時間が経ってもそんな風にお客様ひとりひとりの記憶に、
ココロにも残る結婚式のお手伝いができることを嬉しく誇りに思います。



明日の結婚式にもたくさんのお客様がご来館されます。
みなさまの気持ちに寄り添って、ひとつひとつ丁寧にお手伝いしていきたいものです。




写真だけでは伝えきれないエピソードや感動秘話をスタッフブログで日々紹介中!

結婚式のお問い合わせはこちら
0263-29-1122


ウエディングシーズン2017年10月3日

季節は夏から秋へ移り変わり山の木々も少しずつ色付いてきた今日この頃。
秋のブライダルシーズンがやってきました。
今年もブライトガーデンのチャペル、『セント・スティーブン』では神聖なバージンロードを多くの花嫁が歩みます。
バージンロードとは和製英語。海外では通じない場合も・・・
正確にはwedding aisle(アイル)」(花嫁の為の通路)と呼びます。


「バージンロードを歩く」という儀式は最も感動するシーンでもあります。
バージンロードを歩く“一歩一歩”は、“花嫁が生まれた日”から今日までの道のり”を表しています。
今までの人生を意味するバージンロードを歩む前に行うベールダウン。この儀式は「お母さんお腹の中、0歳に戻ります」の意味だそうです。
「これから始まる長い道のりに幸あれ」の意味を込めて、そっとベールを降ろします。
そして、生まれた日、今まで生きてきた1日1日を思い出しながら。お父さんと一歩ずつ、歩みを進めます。
そしてバージンロードの中盤は、“今日”を示し、ここで彼にバトンされます。
娘からお嫁さんに変わる時がやってきます。
バージンロードを歩く相手は大切な人であれば誰でもかまいません。
一緒に歩いてくれる特別な人には、今日の歩みの意味と、たくさんの感謝の気持ちをしたためていれば・・・

あなたは誰と歩きたいですか?





写真だけでは伝えきれないエピソードや感動秘話をスタッフブログで日々紹介中!

結婚式のお問い合わせはこちら
0263-29-1122



【おふたりらしさ】2017年8月31日

新郎新婦様と私たちスタッフは
たくさんのお打合せを行い当日を迎えます。

そのお打ち合わせの中で、
大切にしたいと思っていることは
「おふたりらしさ」や「おふたりのこだわり」です。


例えば、
「バスケット」がお好きなふたりなら受付に「ユニフォーム」を飾ったり
新婦様のブーケトスの後に新郎様から「バスケットボールトス」があったり
ウェディングケーキのデザインは「バスケットコート」をモチーフにしてみたり。

「和」にこだわるふたりなら、衣裳はもちろん和装にしたり
パーティーのスタートには「鏡開き」を行ったりお料理も和のものを多く使ってみたり。

などなど、
いろんなところで新郎新婦様の
「おふたりらしさ」や「おふたりのこだわり」を出すことができます。

結婚式の中におふたりらしさやこだわりが出てくることで
その日1日がおふたりにとってより想い出深いものとなり、
ゲストの皆様にとっても想い出に残る結婚式になるのではないでしょうか。


是非、新郎新婦様のご要望や想いをお聞かせ下さい!
私たちスタッフとともに楽しみながらお打合せ進めていきましょう♪




写真だけでは伝えきれないエピソードや感動秘話をスタッフブログで日々紹介中!

結婚式のお問い合わせはこちら
0263-29-1122

Sweet Memory2017年8月14日

結婚式の日。

『おめでとう!』
『とってもキレイ☆』
『幸せになってね』

そんな祝福溢れる時間を感じることができる日。

楽しい気持ちが伝わってくる笑顔の写真
お互いに優しく見つめ合う写真
何気ない会話を交わす自然な写真

そのすべてが、おふたりの大切なSweet Memoryです☆




心からの幸せを感じて





普段と変わらない、ふたりらしい笑顔で





たくさんの『LOVE』がみんなに届くように



みなさんのウエディングにも、素敵な瞬間がきっとたくさん!
ブライトガーデンで幸せな一日を過ごしていただけますように☆





写真だけでは伝えきれないエピソードや感動秘話をスタッフブログで日々紹介中!

結婚式のお問い合わせはこちら
0263-29-1122

《真夏の海》2017年8月13日

季節はもう8月
毎日、毎日、暑い日が続いていますね、

こんな暑いときに涼しい室内で真夏の気分を味わいながらお過ごし頂ければと思いまして・・・


ブライトガーデン 2F 宴会場に巨大なスクリーンとムービングシアター
春夏秋冬様々な映像を映し出すシステムでもあり
今の季節は 海・ひまわり・などなど涼しい宴会場の室内でも常夏の雰囲気を味わえる
非日常的な空間に皆さまもご覧になりませんか?

春夏秋冬の映像ではなくても、お二人の写真や風景画などお持ちいただければ
即座に投影いたします。

巨大なスクリーンとムービングシアター、是非皆さまもご覧になってはいかがですか?






写真だけでは伝えきれないエピソードや感動秘話をスタッフブログで日々紹介中!

結婚式のお問い合わせはこちら
0263-29-1122

6月の花嫁2017年6月8日

゛ジューンブライド ゛
皆さんも聞いたこと、ありますよね?

この言葉は、
ローマ神話で結婚をつかさどる女神「JUNO」に
由来していると言われています。

6月は結婚や女性の権利を守護する「JUNO」の月。
この月に結婚する花嫁はきっと幸せになるだろう、という言い伝えが
ジューンブライドの始まりです。

ザ・ブライトガーデンでは、
6月も多くのご新郎ご新婦様に、
大切な1日をお過ごしいただいています。

6月のウエディングは、
白いバラが花を咲かせたホワイトガーデンで行っていただける挙式。
大切なゲストの笑顔と満開のバラが、
おふたりのかけがえのない日を彩ります。

6月の花嫁は、
きっと毎年バラが咲く度に結婚式を思い出すことでしょう。

何年たっても大切な思い出として色あせない日。
そんなかけがえのない一日を
心を込めてお手伝いさせていただきます。



写真だけでは伝えきれないエピソードや感動秘話をスタッフブログで日々紹介中!
結婚式のお問い合わせはこちら
0263-29-1122

ブライダルシーズン2017年6月6日

松本平も爽やかな初夏を迎えいよいよこれからの季節はブライダルシーズン。
今年もブライトガーデンのチャペル、『セント・スティーブン』では
神聖なバージンロードを多くの花嫁が歩みます。

バージンロードとは和製英語。海外では通じない場合も・・・
正確にはwedding aisle(アイル)」(花嫁の為の通路)と呼びます。



「バージンロードを歩く」という儀式は最も感動するシーンでもあります。
バージンロードを歩く“一歩一歩”は、
“花嫁が生まれた日”から今日までの道のり”を表しています。

今までの人生を意味するバージンロードを歩む前に行うベールダウン。
この儀式は「お母さんお腹の中、0歳に戻ります」の意味だそうです。
「これから始まる長い道のりに幸あれ」の意味を込めて、そっとベールを降ろします。

そして、生まれた日、今まで生きてきた1日1日を思い出しながら
お父さんと一歩ずつ、歩みを進めます。

そしてバージンロードの中盤は、“今日”を示し、ここで彼にバトンされます。
娘からお嫁さんに変わる時がやってきます。

バージンロードを歩く相手は大切な人であれば誰でもかまいません。
一緒に歩いてくれる特別な人には、今日の歩みの意味と、
たくさんの感謝の気持ちをしたためていれば・・・


あなたは誰と歩きたいですか?

写真だけでは伝えきれないエピソードや感動秘話をスタッフブログで日々紹介中!
結婚式のお問い合わせはこちら
0263-29-1122


1 2 3 4 5 6 22
WEDDING FAIR