松本市高宮にある専門結婚式場 ザ・ブライトガーデン

松本市高宮にある専門結婚式場 ザ・ブライトガーデン
  • 資料請求
  • フェア予約
  • TEL:0263-29-1122 営業時間 10:00~19:00(火曜定休日)
  • ウェディングフェア
  • コンセプト
  • 挙式スタイル
  • パーティー会場
  • パーティーレポート
  • お料理・ケーキ
  • ブライズビューティー
  • プラン

ブログ

6月の花嫁2017年6月8日

゛ジューンブライド ゛
皆さんも聞いたこと、ありますよね?

この言葉は、
ローマ神話で結婚をつかさどる女神「JUNO」に
由来していると言われています。

6月は結婚や女性の権利を守護する「JUNO」の月。
この月に結婚する花嫁はきっと幸せになるだろう、という言い伝えが
ジューンブライドの始まりです。

ザ・ブライトガーデンでは、
6月も多くのご新郎ご新婦様に、
大切な1日をお過ごしいただいています。

6月のウエディングは、
白いバラが花を咲かせたホワイトガーデンで行っていただける挙式。
大切なゲストの笑顔と満開のバラが、
おふたりのかけがえのない日を彩ります。

6月の花嫁は、
きっと毎年バラが咲く度に結婚式を思い出すことでしょう。

何年たっても大切な思い出として色あせない日。
そんなかけがえのない一日を
心を込めてお手伝いさせていただきます。



写真だけでは伝えきれないエピソードや感動秘話をスタッフブログで日々紹介中!
結婚式のお問い合わせはこちら
0263-29-1122

ブライダルシーズン2017年6月6日

松本平も爽やかな初夏を迎えいよいよこれからの季節はブライダルシーズン。
今年もブライトガーデンのチャペル、『セント・スティーブン』では
神聖なバージンロードを多くの花嫁が歩みます。

バージンロードとは和製英語。海外では通じない場合も・・・
正確にはwedding aisle(アイル)」(花嫁の為の通路)と呼びます。



「バージンロードを歩く」という儀式は最も感動するシーンでもあります。
バージンロードを歩く“一歩一歩”は、
“花嫁が生まれた日”から今日までの道のり”を表しています。

今までの人生を意味するバージンロードを歩む前に行うベールダウン。
この儀式は「お母さんお腹の中、0歳に戻ります」の意味だそうです。
「これから始まる長い道のりに幸あれ」の意味を込めて、そっとベールを降ろします。

そして、生まれた日、今まで生きてきた1日1日を思い出しながら
お父さんと一歩ずつ、歩みを進めます。

そしてバージンロードの中盤は、“今日”を示し、ここで彼にバトンされます。
娘からお嫁さんに変わる時がやってきます。

バージンロードを歩く相手は大切な人であれば誰でもかまいません。
一緒に歩いてくれる特別な人には、今日の歩みの意味と、
たくさんの感謝の気持ちをしたためていれば・・・


あなたは誰と歩きたいですか?

写真だけでは伝えきれないエピソードや感動秘話をスタッフブログで日々紹介中!
結婚式のお問い合わせはこちら
0263-29-1122


<ラストを飾るご挨拶>2017年5月25日

謝辞とは、
披露パーティーのラストを飾る新郎様からゲストへ向けたご挨拶。
その日の印象を左右することもある大事な場面でもあります。
謝辞でどんなことを話したいいのかわからない・・・。
そんな新郎様も多いのではないでしょうか?


そんな新郎様たちの為に
今回は謝辞の考え方のポイントを紹介したいと思います。

1、感謝と喜びを伝える出だし
披露パーティーを締めくくるのが新郎様の謝辞。
まずは結婚式を無事迎えることができたことへの喜びと、
お2人の為に結婚式当日わざわざ足を運んでくれたゲストへの
お礼の言葉から始めましょう。

2、ゲストへありがとうを伝える
ここではお決まりのあいさつ言葉ではなく、
今まで2人を支えてくれたゲストへの感謝の想いを
今までのエピソードにのせて自分自身の言葉で伝えましょう!
お2人の想い出だけではなく、
ゲストとのエピソードを話すことでよりゲストへの想いも伝わるはず

3、これからの決意や抱負を語ろう
最後に新生活に向けての2人の決意や抱負を会場にいる全ての人に伝えよう!
披露パーティーを締めくくる大切な言葉、
結婚式を行って今感じている想いや、
これから始まる新生活に向けての希望や決意を語ろう。


結婚式は新たな人生のスタート!
そんなお2人の新たな人生のスタートの為に集まってくれた
ゲストの皆様への感謝の想いを心に結婚式1日を過ごしましょう。
何よりも大事なのは感謝の気持ちを言葉にすることです!!




写真だけでは伝えきれないエピソードや感動秘話をスタッフブログで日々紹介中!

結婚式のお問い合わせはこちら
0263-29-1122

水無月2017年5月18日

松本平では田植えが始まり夜はカエルの大合唱が聞こえる季節を迎えました。
早いものでまもなく一年の折り返し6月に突入です。

みなさん『6月』と聞けば何を思いつきますか?

衣替え、紫陽花、父の日、ボーナス、梅雨、そしてジューンブライド。
6月に結婚すると幸せになるとされており別名「女神の月」です。
元々はヨーロッパで生まれた言葉でそれが日本にも普及した形です。

6月の誕生石パール。宝石言葉は純粋無垢、健康、長寿。六月の花嫁に
ピッタリのジュエリーです。

あと6月と言えば、8月と並んで祝日がありません。
5月はゴールデンウィーク、7月は夏休みと、それに挟まれた6月はイベントが少なく何となく寂しいような・・・
漫画『ドラえもん』でのび太くんが6月に祝日がないことを悲しみドラえもんの道具で祝日を作ってもらうといったシーンがあるほどです。

でも大丈夫。祝日は無くともブライトガーデンではブライダル関係のイベントを連日開催しています。中でもビッグイベントは6月6日から8日まで開催されるジュエリーコレクション。六月の誕生石パールはもちろん、ブライダルジュエリー、デザイナーズジュエリーなどご用意いたします。梅雨時で外はジメジメの季節です。一日ゆっくりブライトガーデンで過ごしませんか?
皆様お誘い合わせの上、お気軽にお越しください。



結婚式のお問い合わせはこちら
0263-29-1122


たまには ゆっくりと2017年5月10日

レストラン「Sage」には、さまざまなお客様がお越しになられます。
お友達どうしやカップル、ご家族・ご夫婦など多岐にわたります。

お越しいただく皆さまは、くつろぎの空間で時間を忘れ
各々食事とお話を楽しんでいらっしゃいます。



なかでも結婚記念日にお越しいただくお客様も多く
ご家族やお二人で結婚式の当日を笑顔で振り返っていらっしゃいます。

私たちも結婚式の当日を思い出し、ついつい会話が弾んでしまいます(^^♪

たまには、日常を忘れゆっくりと
特別なひとときを過ごしてみてはいかがでしょうか?

また、5月31日(水)から6月4日(日)の5日間、ブライトガーデン2階において
イタリアンフェアを開催いたします。



本格的なイタリアン料理がお腹いっぱいに楽しめます!!
ご家族・ご友人、お誘いあわせの上、お気軽にご来場くださいませ。

詳しくはホームページ ニュース欄をご覧ください。
皆さまの起こしをスタッフ一同、心よりお待ちいたしております!!



写真だけでは伝えきれないエピソードや感動秘話をスタッフブログで日々紹介中!

結婚式のお問い合わせはこちら
0263-29-1122

うれしい再会2017年4月30日

先日うれしい再会がありました。
昨年夏に結婚式をされたお客様です。
衣裳合わせでご案内させていただき、結婚式以来でお目にかかりました。

お会いした瞬間、新婦様のお腹が大きくなっているのが
見えてとっても嬉しくなりました。



ちょうどガーデンでは挙式が行われていたので、
お二人とも懐かしそうに眺めていらっしゃったのですが、
少し涙ぐんだ様子の新婦様。

きっとたくさん悩んで話しあっていろんなことを決めた
当時のことを思い出していたのでしょうね。

何か月もかけてじっくりじっくり準備する方が多い結婚式。
それだけ式への想いは大きくなるものです。



こんなふうに結婚式その後のお二人の様子を知ることができるのは
本当にうれしい気持ちになります。

ブライトガーデンでは、お子様が産まれたら記念撮影をしたり、
お祝いのお食事会をしたりすることもできます。
七五三や成人式、卒業式などの節目のお祝いも行っています。

お二人のその後の人生に少しだけかかわることができるこのお仕事に日々感謝です。




写真だけでは伝えきれないエピソードや感動秘話をスタッフブログで日々紹介中!

結婚式のお問い合わせはこちら
0263-29-1122

花嫁の幸せを願うおまじない☆2017年4月6日



花嫁が幸せになるおまじないで、皆さんよく耳にするのは
Something Four(サムシング・フォー)ではないでしょうか?
結婚式におけるヨーロッパの慣習で、結婚式で花嫁がある4つのものを
身につけると生涯幸せな結婚生活を送れるというものです。

Something Blue   ~何か青いもの~
青は幸せを呼ぶ色であり花嫁の純潔の象徴。
聖母マリアのシンボルカラーで信頼や忠実などの意味を表しています。
最近では指輪の内側にブルーの石を入れたり、
ブーケの花に青い花を入れるのも人気です。

Something New   ~何か新しいもの~
新生活における幸せの象徴。
幸せな生活が送れますようにという願いを込めて新しいものを新調します。
下着、グローブ、ベールなどこの日のためにご用意しましょう。

Something Old    ~何か古いもの~
謙虚な心を象徴。
代々受け継がれてきたものを大切にするという意味を込めて身につけます。
親御様から指輪やブローチなどのジュエリーを引き継ぐ方もいらっしゃいます。

Something borrowed ~何か借りたもの~
隣人愛の象徴。
幸せな結婚をしている人から何か借りることで、
その幸せにあやかれるというおまじないです。
身近な方が実際挙式で使った
ハンカチやリングピローを借りてみてはいかがでしょうか?



マザーグースの歌によって語り継がれてきたこの4つのサムシング。
ヨーロッパでは200年以上前から
花嫁の幸せを願うおまじないとして現在でも大切にされています。
皆さんも是非このサムシングフォーの4つのアイテム、
ご用意してみてはいかがでしょうか?






写真だけでは伝えきれないエピソードや感動秘話をスタッフブログで日々紹介中!

結婚式のお問い合わせはこちら
0263-29-1122

ブライダルシーズン2017年4月5日

信州もようやく日中は春めいた陽気で過ごしやすくなりました。
もう間もなく桜の開花がすぐそこといった感じです。
いよいよこれからの季節はブライダルシーズン。


今年もブライトガーデンのチャペル、『セント・スティーブン』では神聖なバージンロードを多くの花嫁が歩みます。
バージンロードとは和製英語。海外では通じない場合も・・・
正確にはwedding aisle(アイル)」(花嫁の為の通路)と呼びます。




「バージンロードを歩く」という儀式は最も感動するシーンでもあります。
バージンロードを歩く“一歩一歩”は、“花嫁が生まれた日”から今日までの道のり”を表しています。
今までの人生を意味するバージンロードを歩む前に行うベールダウン。この儀式は「お母さんお腹の中、0歳に戻ります」の意味だそうです。
「これから始まる長い道のりに幸あれ」の意味を込めて、そっとベールを降ろします。




そして、生まれた日、今まで生きてきた1日1日を思い出しながら。お父さんと一歩ずつ、歩みを進めます。
そしてバージンロードの中盤は、“今日”を示し、ここで彼にバトンされます。
娘からお嫁さんに変わる時がやってきます。
バージンロードを歩く相手は大切な人であれば誰でもかまいません。
一緒に歩いてくれる特別な人には、今日の歩みの意味と、たくさんの感謝の気持ちをしたためていれば・・・

あなたは誰と歩きたいですか?



写真だけでは伝えきれないエピソードや感動秘話をスタッフブログで日々紹介中!

結婚式のお問い合わせはこちら
0263-29-1122


季節(旬)を味わう2017年4月3日

4月に入り新生活がスタートした方も多いと思います。

また、これから暖かくなり春が旬の食材も多くなってくる季節です。

そこで、季節の旬なものを召し上げっていただけるレストラン
                  「レ アール ド セゾン・セージ」がオススメです。

「レアール ド セゾン・セージ」には季節の市場という意味があります。

日本だけではなく海外の旬の食材を仕入れたり、
シェフができるだけ生産者の方とつながりたいという想いもあり、
直接買い付けている野菜や肉もたくさんあります。


その食材を使って披露宴では、お二人だけの特別なコースを
ご用意することもあります!!

もちろん、ランチ・ディナーでもその時々の旬の食材を召し上がっていただけます。


晴れの日・記念日・大切な方と一緒にその時々の旬な食材を味わうと
より特別なひとときになるかもしれませんね。

皆様のご来店を「レアール ド セゾン・セージ」にてお待ちしております。


写真だけでは伝えきれないエピソードや感動秘話をスタッフブログで日々紹介中!

結婚式のお問い合わせはこちら
0263-29-1122




新たな人生の旅立ち2017年3月3日

季節は3月・・・
もうすぐ春の訪れがやってきますね
でも本日は季節はずれの雪?で大慌てですね


3月といえば卒業式シーズン、
私たち宴会スタッフは
今週、来週とここブライトガーデンでも数多くの卒業パーティが行わています。

真新しい着物や制服に身を包み、着慣れない格好でも
みなさん生き生きとした表情をしながら過ごしている姿が印象的でした。

そして皆さんがやがて、制服からタキシードやウエディングドレスに身を包み
ここブライトガーデンで祝福を受けるようになってくれる日を楽しみにしています。

私たちスタッフもそんな日が来ることを楽しみに待っています。
そして卒業式から  結婚式へ・・・

新たなる人生の一歩を私たちと一緒に歩いてみませんか?






写真だけでは伝えきれないエピソードや感動秘話をスタッフブログで日々紹介中!

結婚式のお問い合わせはこちら
0263-29-1122

『和』ディスプレイ2017年1月4日

お正月休みも終わり、本日から仕事はじめという人も多いのではないでしょうか?

新年に合わせ衣裳サロンのディスプレイもイメージチェンジしました!




今年は『酉年』
花嫁様のお着物にも鶴は縁起物としてよく使用されています。

鶴は長寿の象徴としてだけでなく、夫婦仲が非常によく一生を連れ添うことから、
『夫婦鶴=めおとづる』と呼ばれ「仲良き事の象徴」として古くから尊ばれてきたんです。

十二支のなかでも酉は新年最初に鳴き、朝を告げることから『明けの鳥』とも呼ばれるそうです。

『明けの鳥』に負けないように、こちらのブログで
本年も衣裳サロンの情報をいち早く皆様にお伝えしていきます!




まだまだ寒い日が続きますが、幸せのお手伝いを精一杯させていただきます。

本年もどうぞよろしくお願い致します☆






写真だけでは伝えきれないエピソードや感動秘話をスタッフブログで日々紹介中!

結婚式のお問い合わせはこちら
0263-29-1122

特別な日2016年12月26日

クリスマスも過ぎ、今年ものこりわずかとなりました。
皆さまはどんなクリスマスを過ごされたのでしょう。

レストラン・セージでは22日~25日の4日間
クリスマスディナーを開催しました。
ご夫婦の方や、カップル、そして以前に挙式を挙げられた
方たちも大勢お越しいただきました。



その中でも挙式を挙げられたお二人は、当日の様子を懐かしそうに振り返りながら
楽しいひとときを過ごされていました。



大切な記念日にお越しになるお二人をおもてなしする機会も多く
私たちもウエディング当日を思い出し、ついつい会話が弾んでしまいます(^^♪

実は、そんな時間を共有するのも私たちの楽しみの一つなのです♪

今年もあとわずか
また来年も皆さまの笑顔にお会いできる日を楽しみにしております。



写真だけでは伝えきれないエピソードや感動秘話をスタッフブログで日々紹介中!

結婚式のお問い合わせはこちら
0263-29-1122

1 2 3 4 5 6 21
WEDDING FAIR