松本市高宮にある専門結婚式場 ザ・ブライトガーデン

松本市高宮にある専門結婚式場 ザ・ブライトガーデン
  • フェア予約 資料請求
    ご列席者の皆様
  • TEL:0263-29-1122 営業時間 10:00~19:00(火曜定休日)
  • ウェディングフェア
  • コンセプト
  • 挙式スタイル
  • パーティー会場
  • お料理・ケーキ
  • ブライズビューティー
  • プラン
  • アクセス

ブログ

感謝を伝える特別な場所2020年6月29日

6月もあとわずか。
6月は久々にちょっとお出掛けした人もいるのではないでしょうか?
こういう時、誰かと会うこと、みんなと大笑いをすること、
どれも当たり前ではなく「ありがたい」んだなって思いますよね。


昨日当館でも結婚式が行われ、私も挙式のお手伝いをさせていただきました。
チャペル挙式ではお式の前に親御様とリハーサルを行いますが、
新婦様のドレス姿を見た瞬間お父様が「ヤバい、涙出る」とおっしゃり、
目に涙を浮かべていました。



披露宴の中でも、ご自身のお席から新郎新婦様に向けて全力で手を振るご親族様の
姿を見て結婚式ってやっぱり素敵なものだなと感じました。

みなさんは普段“ありがとう”と言葉にできていますか?
照れくさくてなかなか言葉にできない方も多いかと思います。

結婚式は普段言えない“ありがとう”の気持ちが伝えられる日でもあります。

その他にも、
・それぞれのゲストにお互いのパートナーを知ってもらう
・自分たちのことを改めて知ってもらう
そのような場所でもあります。

おいしいお料理やドリンクでおもてなしをしたり、おふたりのこだわりの演出を
行いゲストの皆さんに楽しんでいただくなど様々な方法で感謝の気持ちを
伝えることができます。



普段照れくさくて言えない“ありがとう”を結婚式の日だからこそ照れずに伝えてみたり、
言葉にしませんか?

私たちもどのようなお手伝いができるのか一緒に考えてご提案させていただきます。
ぜひ結婚式という特別な場所で感謝の思いを伝えましょう!


写真だけでは伝えきれないエピソードや感動秘話をスタッフブログで日々紹介中!
結婚式のお問い合わせはこちら
0263-29-1122

お父様へのサプライズ2020年6月26日

6月21日 日曜日
結婚式の打ち合わせに来られた新婦様が思い出したように
「今日 父の日だった」
と言われたのです
今年は、入籍や結婚式の準備、新居への引っ越しで忙しく忘れてしまったそうです

お父様には すこしお待たせしてしまうけど
1週間後の結婚式には
お父様へのサプライズが用意されていることを思い出していただきました

その1
挙式で チャペルのバージンロードを一緒にお進みいただきます
お父様はさみしい気持ちもおおきいと思いますが
腕を組み 想い出を懐かしみながら歩くのは とても感動的だと思います



その2
披露パーティーで 新婦様がご両親への手紙を読む際に
スクリーンにお父様との想い出の写真を集めたムービーを上映します
絶対に泣いてしまうだろうと サプライズで用意をしています

当日が素敵な結婚式になるよう しっかり準備を進めていきたいと思います



結婚式を挙げる季節の記念日にちなんだ演出やグッズを用意することで
おふたりにとっても ご家族やゲストの皆様にとっても
強く印象に残る日になると思います




写真だけでは伝えきれないエピソードや感動秘話をスタッフブログで日々紹介中!

結婚式のお問い合わせはこちら
0263-29-1122

恋人の日2020年6月12日

今日6月12日は何の日かご存知ですか?
実は・・・「恋人の日」なんです!

そもそもはブラジルで縁結びの聖人とされるアントニオ氏に関わる記念日だそうですが、
ブラジルでは6月12日に恋人たちが写真立てに写真を入れて贈りあう風習があるんですって。

海外ドラマや海外映画だと、
家の壁一面にたくさんの家族写真や友人との写真が飾ってあったり、
職場のデスクにも家族や恋人の写真が飾ってある光景が映りますよね。
日本では海外と比べて、身の回りに人物写真をたくさん飾る習慣って無いように思います。

みなさんのうちや職場には写真立ては飾ってありますか?

結婚式では新郎新婦様おふたりだけでなく
今までお世話になった方との思い出もたくさん振り返ります。
そんなときに思い出の写真が飾ってあるとみんなで思い出を共有出来て楽しいひとときに♪




写真だけではなく、思い出のチケットやカードを飾ってもすてきです。


そしてもちろん、結婚式が済んだら
幸せいっぱいのウエディングドレス姿の写真を飾りましょうね♪




写真だけでは伝えきれないエピソードや感動秘話をスタッフブログで日々紹介中!

結婚式のお問い合わせはこちら
0263-29-1122




記念果実酒クルーズ2020年5月29日

披露宴でゲストテーブルを新郎新婦様がまわるテーブルクルーズ。
ゲスト一人一人と触れ合える大切な時間です♪

ゲストと写真を撮る”フォトクルーズ”や
昔から大人気のイベント”キャンドルサービス”は有名ですが、
最近ではゲストと一緒につくる”記念果実酒クルーズ”というイベントもあります!



空の大きな瓶を新郎新婦様が持ってゲストテーブルをまわり、
瓶の中にゲストより様々なフルーツをいれてもらいます。








最後にお二人がお酒を注いで完成です!





ゲスト参加型の演出で一体感が生まれるのも魅力的★
結婚式の後にはゲストみんなで作った果実酒を飲む楽しみもあります(^^)
もちろん衛生面に考慮し、フルーツをつかむトングを清潔に保ちながら行うなど、工夫してお手伝いさせていただきます。

ゲスト参加型のイベントは様々あります!ぜひスタッフまでお問合せくださいね♪




写真だけでは伝えきれないエピソードや感動秘話をスタッフブログで日々紹介中!

結婚式のお問い合わせはこちら
0263-29-1122




あま~いセレモニー2020年5月18日

挙式を終え、晴れて夫婦になったお2人の初めての共同作業といえば…
“ケーキ入刀”ですよね。

その後、ケーキをお互いに食べさせ合う“ファーストバイト”が続きます。
新郎様から新婦様への一口は「一生食べるものに困らせません」
新婦様から新郎様への一口は「一生おいしいお料理を作ります」
という意味が込められています。



また、ケーキの大きさは愛情の大きさに等しいと言われていることから、
新婦様から新郎様へ大きくケーキをすくう方がたくさんいらっしゃいます。

そこで今回は面白いアイテムを使いケーキを召し上がった
3組の新郎新婦様をご紹介します。

<ビックスプーン>
たくさん食べていただきたい方に人気の“ビックスプーン”
こちらのお客様は特大サイズのビックスプーンをご用意されました。
お顔の何倍も大きなスプーンでしたがしっかりと新郎様に召し上がって
いただきました。



続いてのビックスプーンは木製でできており、ご注文が入ってから
作成に入ります。
持ち手にはお2人のお名前や挙式日が入り、結婚式後も思い出として
残すことができます。
召し上がった後、ビックスプーンにゲストの皆様から寄せ書きをして
いただくのも素敵ですね!



<しゃもじ>
普段お家で使っているアイテムということで“しゃもじ”を選ばれました。
大のネコ好きということもありしゃもじの持ち手にはネコちゃんがついている
かわいらしいデザインでした。




素敵な意味が込められているファーストバイト。
ぜひお2人らしいアイテムを使いあま~いセレモニーを盛り上げましょう!

写真だけでは伝えきれないエピソードや感動秘話をスタッフブログで日々紹介中!
結婚式のお問い合わせはこちら
0263-29-1122

日本初の新婚旅行2020年5月13日

皆さん
5月13日が新婚旅行記念日だとご存じでしょうか?


日本初の新婚旅行をしたのは、
幕末の志士である坂本龍馬と妻のお龍が
1866年5月13日に夫婦で旅行をしたのが初めてと言われています。
場所は、宮崎県と鹿児島県にまたがる
霧島連峰の主峰「高千穂峰」に夫婦で登頂をしたそうです。

幕末の時代に2人で新婚旅行に行くなんて、とても仲の良い夫婦だったんですね。



現在も結婚をされて夫婦で新婚旅行に行く方は多いと思います。
今はなかなか、外出が難しい状況ではありますが、
旅行やパーティなど楽しいことを考えながら乗り越えていきましょう。



ザ・ブライトガーデンでは今も、
式場を探している新郎新婦様へウェディングフェアや
パーティのご相談など行っています。
何か気になることがありましたらお気軽にご連絡ください。




写真だけでは伝えきれないエピソードや感動秘話をスタッフブログで日々紹介中!

結婚式のお問い合わせはこちら
0263-29-1122

おうちでの癒し♪2020年5月1日

「おうちで過ごそう」「STAY HOME」という言葉が繰り返されています。
私もうちの中で楽しめるようにいつもは飾らないお花を飾ってみたり♪

そこで今日はおうちで過ごしていらっしゃる方に
少しでも楽しい気分を味わっていただけるように
ブライトガーデンのかわいらしいお花たちを紹介します!



まずは春と言えば、キュートでカラフルなチューリップ。


そして可憐なイベリスやビオラの寄せ植え。


とっても華やかでにぎやかなガーデンです(^^♪

それからこちらの花、なんのお花かわかりますか??

リンゴのお花なんです。

リンゴの中でも紅玉という、アップルパイにぴったりな品種。
このお花がつぼみのときには…

見てください!
おいしいリンゴの実と同じ赤い色!
もちろんお花の季節の後には赤々としたリンゴの実が実ります。

そしてこのリンゴの木がどこに植えてあるかというと…

なんと!わずか18cmの隙間でこんなに元気に育っているのです!
ブライトガーデンでは腕のいいガーデナーさんが
敷地中の草花や木々のお世話をしてくださっているのですが、
こんなところで伸び伸び育つリンゴの木は見どころのひとつです!


おうちに居ながら、ブライトガーデンのお庭を散歩する気分
味わっていただけましたら幸いです♪

写真だけでは伝えきれないエピソードや感動秘話をスタッフブログで日々紹介中!
結婚式のお問い合わせはこちら
0263-29-1122




お母様から譲り受けた白無垢2020年4月13日

先日、ブライトガーデンで結婚式をされたお客様のお話。

はじめて、ブライトガーデンにお越しいただいた時より、
“お母さまから譲り受けた白無垢を着たい!”とお話がありました。
お母さまの前は伯母様が着られていたという、
新婦家お母様のご親族で代々受け継がれているという素敵な白無垢。



“せっかくだから、ゲスト全員に神前式に出席してもらい、お二人の着物姿をみてもらおう”と決まり、
当日をむかえました。
白無垢姿を間近でゲストにご覧いただけ、お二人ともとても嬉しそうな姿が印象的でした(^^)



ブライトガーデンの神前式はご親族様だけではなく、
お世話になっている職場の方やご友人の方にもご列席いただけます!!
神前式や和装に興味のある方は是非、ウエディングスタッフまでお声がけくださいね♪






写真だけでは伝えきれないエピソードや感動秘話をスタッフブログで日々紹介中!

結婚式のお問い合わせはこちら
0263-29-1122

キャンドルの魅力2020年4月6日

本日は実際にお手伝いさせていただいた
ナイトウエディングをご紹介します!

光の演出が映えるナイトウエディングでは
キャンドルセレモニーが人気です

先日お手伝いさせていただいたウエディングでは、
人前式の中でキャンドルリレーを行いました

キャンドルリレーとは
ゲストにおひとり様ひとつずつキャンドルをお持ちいただき
隣の方へ隣の方へと光を送っていただくセレモニーです
真っ暗な空間に光の輪が少しずつ広がり、幻想的な空間をつくり出します


「ふたりの結婚を証人する」とゲストの賛同をいただくことで成立する人前式では、
祝福の拍手を賛同の証とすることが多いのですが
このウエディングでは、キャンドルの灯を
ふたりの幸せを願ってゲスト全員が一斉に吹き消すことで証としました



キャンドルの光が消え、真っ暗になった瞬間もまた感動的です

パーティー中は、ガーデンにたくさんのキャンドルを並べて
温かな灯が揺れるなか、デザートビュッフェをお楽しみいただきました


キャンドルの光は、みんなを幸せするという言い伝えがあります
ナイトウエディングのキャンドル演出、取り入れてみてはいかがでしょうか。


写真だけでは伝えきれないエピソードや感動秘話をスタッフブログで日々紹介中!
結婚式のお問い合わせはこちら
0263-29-1122



ゲストの顔を思い浮かべて2020年4月1日

結婚式の準備でまず初めにゲストへお渡しするもの...
それが“招待状”



しかし最近では「招待状をメールやLINEで済ませる」
ということもあるようです。
皆さんは最近、手紙を書いたりしましたか?
何気ない内容でも手紙をいただくと温かい気持ちになりますよね。
招待状にもそのような効果があるのでは?

招待状は文字通り「招待」するために出すものです。
招待状をいただいた方も「おもてなし」の気持ちを受け取り、
当日を楽しみにしてくださいます。
お2人らしい招待状を送りゲストの方を「おもてなし」しましょう!

誰に招待状を出すのか、文面はどうするのか、どなたの名義で出すのか、
印刷はどうするのかなど「準備が大変そうだな」というイメージの方も
いるかもしれません。

ブライトガーデンではたくさんの種類の招待状のデザインをそろえています。



また手作りされる方もブライトガーデン周辺の地図や挙式案内カードの
ご用意がございますのでお気軽にご相談ください。
もちろん、文章のアドバイスもさせていただきます。

大切なゲストの笑顔を思い浮かべて、招待状の準備をしましょう!

写真だけでは伝えきれないエピソードや感動秘話をスタッフブログで日々紹介中!
結婚式のお問い合わせはこちら
0263-29-1122

春の空気♪2020年3月16日

今年は本当に暖冬で、松本でも雪がほとんど降りませんでした。
先日、土曜日の雪が本当に久しぶりでしたね。

そして日中のあたたかな日差しや
草木の芽吹きに、春を感じる今日この頃。


結婚式でも大切な【季節感】
春を感じられる会場コーディネートでゲストの皆様をお迎えしましょう♪





まずはやはり、春と言えば桜。
桜の枝のすっと伸びた様子と濃いお色を合わせることで
かっこいいテイストに。
また和テイストのお花で揃えれば、色打掛がより一層映えます。






優しくあたたかなお色味でテストを揃えたり
グリーンを多めに使って活き活きとした春の空気間を演出するのも◎


世間では何かと心配事も多いですが
気分の上がるコーディネートで、春ウエディングを楽しみましょう♪

写真だけでは伝えきれないエピソードや感動秘話をスタッフブログで日々紹介中!
結婚式のお問い合わせはこちら
0263-29-1122


ベールに込める愛情2020年3月13日

古来より西洋には「純潔の女性は悪魔にさらわれる」
という言い伝えがあります。結婚式は悪魔にとって絶好のチャンスなのです…。



と、なんだか恐い話になってきましたが、
純潔の象徴である花嫁様を助けてくれるのがウエディングベール。

そしてお母様にベールをおろしてもらうセレモニーが「ベールダウン」です。
ベールダウンには「悪魔に見つからないように花嫁をお守りください」
といった意味があります。

今まで一番近くで見守ってきたお母様が手伝う最後の身支度とも言われております。



普段恥ずかしくて言えないお母様への感謝の気持ち
娘様の幸せを願うお母様の気持ち
特別な日だからこそ言える気持ち…。

そんな気持ちをベールに込めてスタートする挙式は感動に包まれます。
ほんの短いひとときではありますが、
ご家族にとっても見守るゲストの皆さまにとっても心に残ることでしょう。

私たちもひとつひとつの儀式に心を込めて、思いを乗せてお手伝いさせていただきます。

写真だけでは伝えきれないエピソードや感動秘話をスタッフブログで日々紹介中!
結婚式のお問い合わせはこちら
0263-29-1122


1 2 3 4 5 6 37
WEDDING FAIR