松本市高宮にある専門結婚式場 ザ・ブライトガーデン

松本市高宮にある専門結婚式場 ザ・ブライトガーデン
  • フェア予約 資料請求
    ご列席者の皆様
  • TEL:0263-29-1122 営業時間 10:00~19:00(火曜定休日)
  • ウェディングフェア
  • コンセプト
  • 挙式スタイル
  • パーティー会場
  • お料理・ケーキ
  • ブライズビューティー
  • プラン
  • アクセス

ブログ

ご当地メニュー2013年7月24日

6月に行われた結婚式。
夕方からのナイトウエディングで、サロンの階段に飾られたガーデンの灯りがとっても幻想的で素敵なパーティーとなりました★

コチラのお客様、ディナータイムということもあり、特にお料理とドリンクにこだわって打ち合わせを行ないました。
新郎さまのご実家がある長野と新婦さまのご実家で、現在おふたりがお住まいの石川県金沢、双方のゲストに楽しんでいただけるように地元の食材やドリンクを盛り込みました。

まずはお飲物。
お酒好きのゲストのため、信州の銘酒「大雪渓」、そして金沢の銘酒「手取川」を特別に取り寄せ、皆さんに楽しんでいただきました。




新郎新婦さま用の乾杯酒として使用したのがコチラ。



皆さんにも召し上がっていただいた日本酒・手取川に県内産のフレッシュリンゴジュースを加えたオリジナルカクテルです♪ゲストにも振る舞われ、特に女性のゲストには大人気でした。


そして皆さんお待ちかねのメインディッシュ!



脂がのって肉質がキメ細かい信州和牛に「加賀レンコン」を添えたオリジナルメニューです♪


それぞれの故郷のことやおふたりのルーツに触れることにより、お互いのことを良く知っていただく。これもウエディングパーティーの大切な目的であると思います。

おふたりらしいウエディングスタイル、私たちと一緒に創り上げていきましょう!




写真だけでは伝えきれないエピソードや感動秘話をスタッフブログで日々紹介中!

結婚式のお問い合わせはこちら
0263-29-1122



Happy Summer!2013年7月16日

「避暑地」というイメージの信州にも
暑い季節がやってきました!

ここ松本でも暑い日が続き
広い庭の草木への水やりで忙しい毎朝です◎

夏に挙式を希望される方は是非
コーディネートで夏らしさを表現し
ゲストの皆さまにとっても「記憶に残る夏」にしましょう!


涼しげなブルーをたっぷりと使い
かわいらしいひまわりの花が主役のコーディネート。


クロスとナフキンで、砂浜と白い波、海岸の貝殻をイメージしたコーディネート。

夏に出会ったおふたり。
夏が好きなおふたり。
思い出の夏があるおふたり。
おふたりにとっての大切な季節をパーティー会場のコーディネートで
表現してみませんか?




写真だけでは伝えきれないエピソードや感動秘話をスタッフブログで日々紹介中!

結婚式のお問い合わせはこちら
0263-29-1122





「もっと感動を!!」2013年6月27日

ケーキカット、キャンドルサービス、
披露宴では様々な演出があります。

中でも最近一番多い演出はDVDの演出です。
披露宴の始まりに流すオープニングムービー、
二人の生い立ちから出会いまでを流すメモリアルムービー
そして、披露宴の最後にゲストの名前をのせたエンディングムービー

そんな感動DVDを大きなスクリーンで流してみませんか?
ここブライトガーデンでは最新鋭の映像機材を導入し好評を得ております。

~ ムービングシアター ~



正面の巨大スクリーンに映像が出るのはもちろんですが会場の後ろが壁面になっており
そこにも映像を流すことが可能なんです!

映像だけではないんです、ゲストの各テーブルにお花や様々な画像を流したり、
又は入場口から新郎新婦をスポットライトみたいに追いかけてみたり、
前後左右360度の別世界の空間を創り上げます。

そんな別世界の空間をここブライトガーデンで味わってみませんか?










写真だけでは伝えきれないエピソードや感動秘話をスタッフブログで日々紹介中!
結婚式のお問い合わせはこちら
0263-29-1122


心に響く曲2013年6月9日

ブライトガーデンのチャペル挙式は、
聖歌隊の歌声響く『クラシックスタイル』と、
ゴスペルシンガー&聖歌隊のハーモニーが美しい
『ゴスペルスタイル』をお選びいただけます。



ゴスペルスタイルのチャペル挙式。
新婦入場のシーンで歌われている曲。
聞くと、「知ってる!!」と思う方も多い曲です。
私はいつも入場シーンでこの曲が流れると、
ジーンと感動します。
結婚式のために作られた曲ではないですが、
今まで育った環境から飛び立ち、二人で新しい人生を
歩いていくという姿にピッタリな気がします。

どんな歌詞かというと・・・

「辛いことや苦しいことがあっても
 あなたがいてくれれば 乗り越えていける」 という内容です。

バージンロードを歩く新婦様とお父様の気持ち。
新婦を待つ新郎の気持ち。
それぞれの気持ちを感じさせるこの曲を、ゴスペルシンガーと聖歌隊が
すばらしいハーモニーで歌い上げます。



是非、今週16日のグランドウエディングフェアで、
模擬ゴスペルチャペル挙式を体験しながら、
この歌詞を思い出してみてください。


きっと、★ジーンと心に響く曲★だって
感じていただけると思います。







写真だけでは伝えきれないエピソードや感動秘話をスタッフブログで日々紹介中!

結婚式のお問い合わせはこちら
0263-29-1122



 

サーベル片手に!2013年6月7日

 先日ご案内させていただいた新郎さま。

 ガーデンでの人前挙式だったのですが、結婚式当日、朝からとっても落ち着かない表情。
 ご自分でご希望をされた演出がうまくいくかどうか、心配で心配で眠れなかったそうです。

 新郎さまがリクエストされた演出は「シャンパンサーベラージュ」。

 サーベラージュとは、サーベルでシャンパンのコルク栓を瓶口ごと切り飛ばして開栓する儀式のこと。
 中世フランス海軍の出航の際に、航海の無事と戦いの勝利を祈願したそうです。

 前日のリハーサルでは、なんとか開けることができたのですが…

 さて、いよいよ本番。
 式がスタートし、緊張がピークに達した新郎さまにシャンパンが手渡されました。
 隣には不安げに新郎さまを見つめる新婦さま。

 ゲストの掛け声にあわせ、「せ~の!」

 気になる結果は…





 ご覧の通り★

 ゲストからは大きな歓声が上がり、新郎さまも自慢げな表情◎
 大成功でした!

 新郎さまのカッコイイ姿がとっても印象的な「シャンパンサーベラージュ」
 パーティーにいかがですか?


写真だけでは伝えきれないエピソードや感動秘話をスタッフブログで日々紹介中!
結婚式のお問い合わせはこちら
0263-29-1122

せ~の!ヨイショ!2013年6月4日

今日は「和装」をお召しいただくお客様へおススメ演出を紹介します♪
「せ~の!ヨイショ!」
そうです。「鏡開き」です。



ご覧のように日本酒が入った樽を小槌で叩いて開ける演出です。

もともとは武士が出陣する際の必勝祈願として用いられていたもので、酒樽の丸さと日本酒の表面を「鏡」に見立てたんだとか。鏡は古来より、物事を映し出すということから祭事に、権威や宝物の象徴として使用されてきました。丸い形状は円満や豊かさを連想させます。

結婚披露パーティーでの鏡開きは、新郎新婦の新たな出発に際し、健康や幸福を祈念し、その成就を願うという意味があります。ちなみに上の写真のお客様。仲良くご両親と一緒に開いていただきました。お酒はさっそく新郎さまの手によって、お酒好きのゲストのもとへサーヴされました(ゲストも大喜び!)。


今まで別の道を歩んできたおふたりと両家が結ばれる結婚式。
新しい家族で開いた未来にたくさんの幸せが降り注ぎますように★





写真だけでは伝えきれないエピソードや感動秘話をスタッフブログで日々紹介中!

結婚式のお問い合わせはこちら
0263-29-1122 

Happy バルーン★2013年5月30日

 先日担当させていただいた新郎新婦さまが、披露パーティーでやってみたいと思っていたこと。
 それは、テーブルごとでゲストと写真を撮影しながらご挨拶に回る“フォトクルーズ”

 せっかくやるなら、いつも以上の笑顔で映って欲しいということで、新郎新婦さまと相談をして、レターバルーンを持っての撮影をすることになりました◎

 レターバルーンとは、文字の形をしたバルーンのこと。
 しかも特大サイズです!

 バルーンの登場に会場からは笑い声が。
 LOVEのアルファベットを手に持って、その大きさに驚きながら満面の笑みで写真に写ってくださいました★





 フォトクルーズをさらに楽しく、思い出深くできる、オススメの演出です★


写真だけでは伝えきれないエピソードや感動秘話をスタッフブログで日々紹介中!

結婚式のお問い合わせはこちら
0263-29-1122 


おふたりの「オリジナル」2013年5月23日

先日挙式を挙げられた新郎新婦様は、生クリームの
ケーキが苦手なお2人でした。

結婚式で1番の見せ場とも言えるウエディングケーキ☆
どうしようか悩んで出た答えが…

『みたらし団子』!!


お2人の好きな食べ物がお団子だったのです♪
披露宴の当日、パーティー会場には山のような
みたらし団子が!!!

さすがに入刀はできなかったのですが、
ケーキの代わりにみたらし団子でファーストバイト。
お団子の山にゲストも大盛り上がり(^^♪

お2人だけのオリジナル「ウエディング団子」
終始笑顔のお2人でした。

これから結婚式をお考えの方も是非、お2人らしい様々な
「オリジナル」をいっしょに形にしませんか?




写真だけでは伝えきれないエピソードや感動秘話をスタッフブログで日々紹介中!

結婚式のお問い合わせはこちら
0263-29-1122 


ナチュラルウエディング2013年5月9日

 風薫る新緑の季節がやってきました。
 セージのイングリッシュガーデンも彩りが増し草花の香りが心地よく漂っています。

 ブライトガーデン&セージは国道から一歩入った街中にありながら、施設が旬の緑に囲まれたナチュラルな癒しの空間がひとつの魅力です。





 ウエディングでは、そんな緑に囲まれたオープンエアーでゲスト全員が参加する人前式がこれからのシーズン最盛期を迎えます。

 アルプスを望みながらのテラス人前式、屋外での神前式などお二人とゲストのご要望にあったプランをご提案しています。







 毎月のフェアでも模擬人前式やチャペル式、神前式をご覧いただけますよ◎

 ブライトガーデン&セージならではのナチュラルウエディングを体験してみてください!


写真だけでは伝えきれないエピソードや感動秘話をスタッフブログで日々紹介中!

結婚式のお問い合わせはこちら
0263-29-1122 

人前式でプロポーズ♪2013年5月1日

結婚式当日の新郎新婦の必須アイテム 「ブーケとブートニア」

新婦が持つブーケは、その昔ヨーロッパで男性がプロポーズする時に、野に咲く花を摘んでその花束をプロポーズの代わりに女性に贈ったとされる究極のプレゼント。
女性はその返事として、『YES』の言葉の代わりに花束から一輪をとって男性の胸元に挿してあげたのがブーケ・ブートニアの由来になっています。

人前式でそんな素敵なエピソードを紐解いた演出がコチラ!ブーケ・ブートニアの交換です。



さすがに結婚式当日、野に咲く花を…という訳にはいかないので、ゲストに皆さんにご協力いただきます。
ゲストを代表する20名の方からの祝福とバラを受け取りながら、バージンロードを一歩一歩進みます。



そしてプロポーズの言葉とともにブーケをプレゼント。
果たして結果は……!?






写真だけでは伝えきれないエピソードや感動秘話をスタッフブログで日々紹介中!

結婚式のお問い合わせはこちら
0263-29-1122 

ウェルカムエアポップ2013年4月30日

松本も暖かくなってきましたね!
おでかけしたくなる陽気が続いています。

この季節は青い空の下、お庭でのイベントが大人気!
ゲストの皆さんも会場内だけでなく
春風に触れる時間があるとなんだかウキウキしますね♪

先日ご結婚式を挙げた方は
ガーデンにこーんなものを用意!


バスケットが大好きな新郎様と、バスケ仲間もたくさん出席。
ということで青い空の下
大きく膨らんだバスケットボールが
ゲストの皆さんの絶好の写真スポットになっていました!


・ブーケトス
・デザートビュッフェ
・ガーデン挙式
・フラワーシャワー
などなど。

青空の似合うイベントはたくさんあります。
皆さんのご希望をたくさん、聞かせてくださいね♪


写真だけでは伝えきれないエピソードや感動秘話をスタッフブログで日々紹介中!

結婚式のお問い合わせはこちら
0263-29-1122 



かんざしに思いをのせて2013年4月14日

 先日ワタクシが担当させていただいた新婦さまには、ある憧れのウエディングイベントがありました。
 それは“ベールダウン”の儀式。

 邪悪なものから花嫁を守るといわれるウエディングベールを結婚式の前にお母さまに下ろしていただき、支度の仕上げをしていただくという儀式です。
 チャペル挙式をされる新婦さまにとても人気があります。

 しかし、こちらのおふたりは神前挙式をご希望で、白ドレスはお召しにならない予定だったんです。

 新婦さまはお母さまととっても仲が良く、おふたりでよく旅行をされるそうで、衣裳合わせも毎回同行してくださっていました。

 ご自分の結婚式では、お母さまとの絆を感じられるようなことをしたいと考えていらっしゃったんですが、ベールダウンができないことを悩んでいらっしゃいました。

 そこでご提案したのが、ベールダウンの代わりの“仕上げの色かんざし”
 お母さまに新婦さまのかんざしをさしていただくことをお願いしたんです◎





 かんざしをさすということが初めての経験だったお母さまは、少し手元が震えて緊張なさっていたようですが、新婦さまの旅立ちのサポートという大役を無事に果たされ、お互いに目を合わせて微笑む姿がとても印象的でした!

 和装のウエディングをお考えの方にとってもオススメですよ◎

写真だけでは伝えきれないエピソードや感動秘話をスタッフブログで日々紹介中!

結婚式のお問い合わせはこちら
0263-29-1122 

WEDDING FAIR