松本市高宮にある専門結婚式場 ザ・ブライトガーデン

松本市高宮にある専門結婚式場 ザ・ブライトガーデン
  • フェア予約 資料請求
    ご列席者の皆様
  • TEL:0263-29-1122 営業時間 10:00~19:00(火曜定休日)
  • ウェディングフェア
  • コンセプト
  • 挙式スタイル
  • パーティー会場
  • お料理・ケーキ
  • ブライズビューティー
  • プラン
  • アクセス

ブログ

お子様と一緒のウエディング2018年2月22日


先日ご家族の皆様でご結婚式をあげた新郎新婦様。
おふたりには3歳になるお子様が。

打合せにはいつも3人で来てくださってました。
時折ぐずってしまうお子様は、塗り絵を用意すると
喜んで遊んでくださったり、新郎様とお庭を散歩されたり
和やかに、またじっくり準備を進めました。


挙式は、披露宴会場の中で行う 人前式

大人に囲まれて緊張しているお子様も
新婦様の腕に抱かれて安心している様子

ひとりひとりに結婚の証人として
押印をもらいました。


また、家族との時間を大切にしたいとお伺いしていたので
歓談を中心としたスケジュールに。

当日は無邪気に遊ぶお子様がとてもかわいらしく
笑顔の絶えない和やかな披露宴になりました。



新郎新婦様とお子様のきずなや、
両家のご家族様のきずなが感じられる、とても素敵な時間でした。



写真だけでは伝えきれないエピソードや感動秘話をスタッフブログで日々紹介中!
結婚式のお問い合わせはこちら
0263-29-1122



ファーストバイトのアイテム!2018年2月16日

ウエディングケーキカットの後に行なう「ファーストバイト」の演出♪
最近は、すっかり人気で定番の演出になりました!



新郎新婦さまが一生食べることに困らないようにという願いを込めて行なう演出ですが、
食べさせるスプーンのアレンジをして行なうことも☆
例えば、相手に食べさせるスプーンの種類をいくつか用意してくじ引きで決めたり、
特大のスプーンを用意したりと楽しみは様々です♪






 
手作りでスプーンを作ってきたお二人もいらっしゃいます(^^)
この大きなスプーンで相手への想いをたっぷり込めて食べさせていただきました♡






 
定番の演出も少しアレンジをすることで、よりいっそう盛り上がります♪
おふたりらしくアレンジして楽しんでみませんか?




写真だけでは伝えきれないエピソードや感動秘話をスタッフブログで日々紹介中!

結婚式のお問い合わせはこちら
0263-29-1122

レストランでのナイトウエディング2018年2月4日

2月に入り寒さが一層厳しくなり春が待ちどおしいですね!

春になるとウエディングシーズンがやってきます。

レストランsageのガーデンも春になると多くのお花等で色とりどりになります。

そんな中で披露宴を行うのも日本ならではの四季を感じることができでいいですよね

また、レストランsageは夜になると昼間の披露宴と違いガーデンがキャンドルの灯りで
幻想的な空間へと変わります。


幻想的な空間の中でデザートビュッフェを行うのもまた格別です。

その他にもsageガーデンでのケーキ入刀など様々な演出をガーデンで行っています。

ライトアップされたガーデンをながらゲストの方と過ごすことができるのも
レストランsageのウエディングならでは。

レストランセージまたザブライトガーデンではナイトウエディングを行っているので気になる方は是非お問い合わせを・・・


写真だけでは伝えきれないエピソードや感動秘話をスタッフブログで日々紹介中!
結婚式のお問い合わせはこちら
0263-29-1122


おふたりとお揃い☆2018年2月1日



ディズニーがおすきなふたり
中でも、ダッフィー&シェリーメイがお好きで
ウエディングテーマにもなっていました。

受付では和装のダッフィーとシェリーメイがお出迎え



そしてパーティー会場では、
挙式の際のおふたりとお揃いの格好をした
ダッフィー&シェリーメイが
真っ白なチュールとお花でとてもラブリーに。



披露宴の中盤では、
おふたりがお色直しのため中座をされました。
すると、、、。



シェリーメイのお色直しをされるお母様の姿が。
この日の衣装はすべて、お母様の手作り。
衣装合わせにも一緒にいらっしゃって
ご用意をしてくださったのです。



おふたりの登場シーンではゲストから
「かわいい!」の声がたくさん
ダッフィー&シェリーメイも大活躍
かわいらしく、素敵なシーンになりました☆

写真だけでは伝えきれないエピソードや感動秘話をスタッフブログで日々紹介中!
結婚式のお問合せはこちら!


「ウエディングケーキ」に込められた由来2018年1月5日

ウエディングパーティーで人気の演出
ウエディングケーキ入刀のセレモニー。
今回は「ウエディングケーキ」の由来をご紹介します!



起源は諸説あるとのことですが、

1、子孫繁栄の象徴である小麦を使ったビスケットを
ご新婦様の頭上にまいたことが起源となり、
今では高く豪華なウエディングケーキの形になった。

2、「悪魔は甘いものが嫌い」という言い伝えから、
二人の門出に悪魔が近寄れないようにするため
甘いケーキを近くに置いた。

など、ウエディングケーキにも素敵な意味合いがあるのです♪

また、見た目の華やかさから人気がある
三段重ねのウエディングケーキにも意味合いがございます。



一段目は、参列してくれたゲストと一緒に食べるため。
二段目は当日出席できなかったゲストへ配るため。
三段目は結婚記念日などおふたりの大切な記念日に食べるため。

意味を知ってセレモニーを行うと、よく見る演出も
おふたりにとって特別なセレモニーになりますよね。

おふたりらしいウエディングケーキを私達と一緒に見付けましょう♪

写真だけでは伝えきれないエピソードや感動秘話をスタッフブログで日々紹介中!
結婚式のお問い合わせはこちら
0263-29-1122


【感動を演出】2018年1月4日

ウエディングスタッフとのお打合せも残り数えるばかり、
あとは「当日の手紙だけ」なんていう方も
いらっしゃるのではないでしょうか。
今回は手紙の書き方のポイントを紹介したいと思います。

1 手紙の書き出し部分
「お父さん、お母さん、○○年間お世話になりました」
→両親への呼びかけからはじめてみること。
手紙の印象が決まる大切な部分、短く簡潔にまとめることで聞き手を
ひきつけることが出来る!

2.手紙のメインの部分
「子どもの頃の私は○○でした」
「お父さんに怒られ、泣いたことは忘れません」
→父・母とのエピソード、家族での思い出など語ってみること。
ゲストのも共感できるエピソードを織り交ぜることが出来れば臨場感UP!

3.結びの部分
「これからはふたり明るい家庭を築いていきたいです。」
→メイン部分でのエピソードからの流れを大切にしながら
両親への感謝をそして新生活への決意を述べることで前向きなムードの手紙に!


何よりも1番大切なのは「自分の言葉で伝えること」です。
感謝の気持ちを素直に言葉にすることを重視して
お手紙でゲストの方、ご両親へ感謝を伝えましょう!




写真だけでは伝えきれないエピソードや感動秘話をスタッフブログで日々紹介中!

結婚式のお問い合わせはこちら
0263-29-1122

アイルランナーセレモニー2017年12月26日

“新郎新婦おふたりが歩んできた道が描かれている”
との言い伝えがあるバージンロード。
本日はバージンロードの素敵なセレモニーを紹介します!

先日お手伝いさせていただいたおふたりがお選びになったのは、
アイルランナーを使ったセレモニー。

アイルランナーとは、
おふたりの生い立ちや二人のなれそめを、
写真や文字を組み合わせてつくる
バージンロードに敷くランナーです!
おふたりとご新婦様のご家族が一緒に手作りをされました!

まずは、ふたりを近くで見守ってきたご友人が
バージンロードにアイルランナーを敷きます


バージンロードに敷かれていくふたりの思い出に
ゲストから、大きな歓声があがりました


そして、まずは新郎様
続いて新婦様がお父様とご入場。

思い出の写真とともに一歩ずつ歩まれ、より感動的な時間となりました。



アイルランナーセレモニー。
是非取り入れてみてはいかがでしょうか?

写真だけでは伝えきれないエピソードや感動秘話をスタッフブログで日々紹介中!
結婚式のお問い合わせはこちら
0263-29-1122

愛たっぷり2017年12月19日

先日お手伝いをさせていただいた新郎新婦様

美女と野獣がテーマのおふたり

よーーく見ると

なんとこちらはお二人で手作りをされたそう!

お色直しのドレスももちろんイエローです✩

ご家族からのサプライズDVDで涙される皆様


とっても仲が良く可愛いお二人♪

皆様の愛情が伝わってるような素敵なウエディングでした


写真だけでは伝えきれない感動秘話やエピソードをスタッフブログで日々紹介中!

結婚式のお問い合わせはこちら
0263-29-1122

プロポーズを再現してみませんか?2017年12月10日

人前式の中での人気の演出、「ブーケ・ブートニアセレモニー」を
ご存知でいらっしゃいますか?

ある日1人の青年が、愛する彼女へプロポーズをする道中
野に咲く花を集めて花束を作り、花束と一緒に彼女にプロポーズをします。
彼女はYESの代わりに、花束の中の1輪を青年の胸ポケットに入れました。

中世ヨーロッパから伝わるこの言い伝えが、
「ブーケ・ブートニアセレモニー」の由来です。



実際の人前式では、
挙式前、12名のゲストの皆様にお花をお渡しし、
新郎入場のタイミングで、新郎様がお花をゲストの皆様から集めます。
集めたお花を花束にして、入場してきた新婦様に花束とともにプロポーズ。
新婦様はYESの代わりに花束の中の1輪を新郎様の胸ポケットへ入れます。



新郎新婦様、そしてゲストの皆様の想いがお花に込められた素敵な演出。
12本の花束1本1本には、
「感謝、誠実、幸福、信頼、希望、愛情、情熱、真実、尊敬、栄光、努力、永遠」
という意味合いがあります。
新婦様が新郎様へ贈る1輪は最も大切にしたい意味を持つ花。
新婦様はどの意味の花を新郎様に贈りますか?

場所や衣装や演出内容は様々。
お2人だけのオリジナル人前式を
私達と一緒に考えましょう!

写真だけでは伝えきれないエピソードや感動秘話をスタッフブログで日々紹介中!
結婚式のお問い合わせはこちら
0263-29-1122


『贈り物』2017年12月9日

皆さんは結婚式での
花束贈呈のシーンを見たことがあるでしょうか?
結婚式のクライマックスに新郎新婦お2人から、
感謝の気持ちを込めて花束や記念品を贈呈する新郎新婦様が増えています。

そこで今日は、親御様に贈る記念品には
どんなものがあるのか紹介したいと思います。


1つ目、ウエイトベア
生まれた時の体重と同じ重さで作られたウエイトベア。
親御様が新郎様、新婦様を産まれて初めて抱いた時の感動をもう一度♪
感謝の想いだけではなく、感動もプレゼント!

2つ目、名詩
それぞれの親御様に感謝の気持ちを込めたオリジナルの名詩。
親御様の事をよく知っているお2人だからこそ作れる
世界にひとつだけの名詩があるのでは?
感謝の想いを言葉にしてプレゼントしてみてはいかがでしょうか!

3つ目、三連時計
1枚の木の板で作られた、
3つの時計を合わせると木目が繋がる世界にひとつのオリジナル時計!
時を重ねるごとに木ならではの味が出てきて色味も年々変わっていく、
ナチュラル感溢れるオリジナル時計です。
離れていても刻む時はずっと一緒♪

などなど、
一言記念品といってもいろんな種類があります
お2人の想いや結婚式のスタイルに合わせて
お2人らしいものを選ぶのも楽しいのではないでしょうか!


普段言葉に出来ない感謝の想いを、言葉だけではなく
花束や様々な記念品にのせて親御様に渡してみてわ♪




写真だけでは伝えきれないエピソードや感動秘話をスタッフブログで日々紹介中!

結婚式のお問い合わせはこちら
0263-29-1122

日本ならではの演出2017年12月5日

おめでたい結婚式のイベント「鏡開き」。

今回は鏡開きの意味や由来をご紹介したいと思います。


そもそも鏡開きの「鏡」というのは何を意味しているのでしょうか?





それは・・・酒樽に封をしている「蓋」のことなんです。
古代日本では丸い形のモノを「鏡」と呼んで神事で使う風習があり、
蓋を木槌で開封するところから鏡開きと呼ばれるようになりました。


また、鏡開きという言葉には「鏡」は「円満」、「開き」は「未来を開く」
という意味があるんだそうです。

結婚式では、おふたりがいつまでも夫婦円満な家庭を築けるように
そして、これからの生活が豊かなものになりますようにと願いを込めます。




和装だけではなく、ドレスやタキシードにはっぴを合わせて
雰囲気を演出するのも素敵ですよ!

結婚式というおふたりの新しい門出に、
ゲストの皆様とお酒を酌み交わしながら夫婦円満やこれからの幸せを願う「鏡開き」。
ぜひ取りいれてみてはいかがでしょうか?





写真だけでは伝えきれないエピソードや感動秘話をスタッフブログで日々紹介中!
結婚式のお問い合わせはこちら
0263-29-1122



プーさんウエディング♪2017年11月27日

ウエルカムスペースにいるのは
おおきなプーさん!!
お二人が大好きだというプーさんがゲストをお迎えです!

右手の風船までそっくりに♪

そして、プーさんは いたるところに。。



こちらは ゲストの皆様との思い出の写真を飾る
メッセージツリー
学生時代の写真やご家族との写真を飾っていました♪

さらに、受付でカードにメッセージを書いてもらって
飾り付けをしてもらっていたので、

ふたりが入場するときにはたくさんのメッセージが!
入場前のドキドキもほぐれた様子のお二人でした☆彡



そして、扉を飾るのは
プーさん&ピグレット
「いってらっしゃーい!」と声が聞こえてきそう

披露宴の結びまで、大好きなゲストの皆様と
プーさんに見守られて幸せそうなお二人でした!

写真だけでは伝えきれないエピソードや感動秘話をスタッフブログで日々紹介中!
結婚式のお問い合わせはこちら
0263-29-1122

1 2 3 4 5 6 31
WEDDING FAIR