松本市高宮にある専門結婚式場 ザ・ブライトガーデン

松本市高宮にある専門結婚式場 ザ・ブライトガーデン
  • フェア予約 資料請求
    ご列席者の皆様
  • TEL:0263-29-1122 営業時間 10:00~19:00(火曜定休日)
  • ウェディングフェア
  • コンセプト
  • 挙式スタイル
  • パーティー会場
  • お料理・ケーキ
  • ブライズビューティー
  • プラン
  • アクセス

ブログ

オレンジの花~ジュエリーご紹介♪~2017年2月18日



上質なパールを使用し、高級感あるミキモトジュエリーより
花嫁様の首元を飾るネックレスをご紹介させていただきます。



デザインのモチーフになっているオレンジの花は『純潔/花嫁の喜び』という花言葉を持ち、
繁栄のシンボルとなっております。

また、『結婚式の祝宴』という花言葉もあり、可憐な真っ白のお花は
西洋では花嫁の髪飾りにもよく使用されるそう☆



ドレスのデザインにとらわれずよく合う一連のネックレスは可憐な女性らしさを引き立て、
留め金にもオレンジのお花モチーフを使用。

すっきりとしたまとめ髪のバックスタイルのアクセントにもなります。

スクラブを自由にスライドさせ長さを合わせられるため、
様々な体型の花嫁様に一番きれいに見える長さでご利用いただけます。

ぜひミキモトジュエリーの上質な輝きをお試しください。





写真だけでは伝えきれないエピソードや感動秘話をスタッフブログで日々紹介中!

結婚式のお問い合わせはこちら
0263-29-1122

メンズアイテム2017年2月17日


今日は衣装サロンからお洒落にタキシードを着こなしたい!!
そんな新郎様にもおすすめのコーディネートアイテムを一部ご紹介♪



タキシードのコーディネートアイテムも
最近ではこんなに充実しているんです。


挙式ではかっちりとしたネクタイで厳粛さを大切にしつつ
披露宴ではストール、蝶ネクタイなどカラフルなお色味の入った
アイテムでグッと印象が変わり、楽しいパーティーが
お衣装からも演出できちゃいます♪


合わせ方次第で自分オリジナルの
コーディネートができちゃいますよ☆



今の時期ならマットな生地の蝶ネクタイもおすすめです。



お色味も落ち着いていて、冬ならではの
ロマンチックな雰囲気にもぴったりです♡


また、足元も大切なポイントです。
スタンダードなホワイト、ブラックに加え、
個性的なデザインのものも。



ブラック×レッドはボルドーやブラウンのタキシードと、
ブラック×ホワイトはグリーンのタキシードと合わせてもお洒落ですよ♪



この他にも衣裳サロンにはたくさんのアイテムがそろっています。
ぜひ実際に見て、着けてオリジナルのアレンジを
見つけてみてください☆






写真だけでは伝えきれないエピソードや感動秘話をスタッフブログで日々紹介中!

結婚式のお問い合わせはこちら
0263-29-1122

新作ドレス2017年2月15日

今回は新作のカラードレスをご紹介します!

今花嫁様に大人気の花柄プリントドレス。
ブライトガーデンの衣装サロンにもピンクやブルー、グリーンなどの
花柄プリントドレスがありますが、今回はこちらのドレスが仲間入りしました!



白地にプリントされた鮮やかな色のお花が波打つように大胆に表現された1着。
生地にはラメチュールが使われており、
重ねガラスのような繊細な透明感が演出されています。

またバックには大きなリボンが付けられておりとてもインパクトのあるスタイルに。
リボンは取り外せるのですっきりとした印象にしたい方は取り外しもOK!



春や夏などこれからの爽やかな季節にはとてもおすすめの1着です。
人気が出ることも間違いなしのドレスですので
気になる方はぜひ衣装サロンまでお越しください♪




写真だけでは伝えきれないエピソードや感動秘話をスタッフブログで日々紹介中!

結婚式のお問い合わせはこちら
0263-29-1122

新作ドレスのご紹介2017年1月29日

花嫁様にご好評いただいているシルクドレス。

先日のブログでも新作のシルクドレスをご紹介させていただきましたが
今日ももう一着ご紹介させていただきます☆

GRANMANIE
『HETHER』



シルクオーガンジー素材の柔らかいスカートが
ふんわりと軽やかに揺れるAラインドレス。 

お袖のレースがポイントですっきりと華奢に見せてくれるので、
腕回りが気になる花嫁様にもおすすめの一着です。

ふんわりとしたシルクならではの滑らかな生地感が
幸せな花嫁様を優しく包み込んでくれ着心地も抜群です☆

続々と新作のドレスが入荷してきておりますのでお楽しみに☆

写真だけでは伝えきれないエピソードや感動秘話をスタッフブログで日々紹介中!
結婚式のお問い合わせはこちら
0263-29-1122

新作ドレス入荷しました♪2017年1月27日

GRANMANIEより新作ドレスのご紹介です☆

『ADA』アダ




柔らかなソフトチュールにプリントされた繊細なレース模様が華麗な印象を与えてくれます。
裾には贅沢にシャンティーレースをプラスし、さらに華やかな印象に。
ボリューミーなスカートに対して、上半身がコンパクトな為、スタイルアップ効果も抜群♪

歩くたびにふんわりと揺れる透明感たっぷりの明るいホワイトチュールが爽やかで、
これからの温かくなる季節にぴったりな一着。

誰からも愛される花嫁様に仕上げてくれます。


ぜひシルクの上質な着心地をお試しください。
気になる方は衣裳サロンにぜひお越しください☆


写真だけでは伝えきれないエピソードや感動秘話をスタッフブログで日々紹介中!
結婚式のお問い合わせはこちら
0263-29-1122

Beauty Bright Party開催します2017年1月13日

来週の1月22日日曜日にビューティーブライトパーティーを開催します。

このイベントはプレ花婿&プレ花嫁の皆様に楽しく美味しく結婚準備を楽しんでいただきたい!!
という思い出スタートし今回で2回目の開催となります。

メインイベントはドレス&タキシードコスチュームショー!
40着以上の和装、洋装様々なお衣裳を華やかなショー形式でご覧いただけます。

またランチはイベントでしか召し上がって頂けないカフェ風ランチをお楽しみいただけます。

そのほかにも、大好評の炭酸ガスパックのデモンストレーションやかわいいレンタルジュエリーの展示
もちろんメンズ小物も多数ご用意させていただきます。

参加は無料です!お電話にてご予約いただき、ぜひご家族皆様でお出掛けくださいませ。







写真だけでは伝えきれないエピソードや感動秘話をスタッフブログで日々紹介中!

結婚式のお問い合わせはこちら
0263-29-1122

お悩み別おすすめドレス2016年12月15日

初めて身にまとうドレスだからわからないことだらけで戸惑うのは当然ですよね。
最高の花嫁姿にはどんな点に気をつければよいのでしょうか?
女性なら誰しもスタイルをきれいに見せたいはず。


本日はお悩み別おすすめドレスのご紹介です!


「二の腕が太く見えないか心配」
ぴったりとした袖で隠すのはかえって太さが強調されてしまうので、
上手に隠すならケープカラーやオフショルダーがおすすめ
 



「脇のお肉がはみ出るのが気になる」
憧れのビスチェタイプは脇のお肉が目立ってしまうことがあります。
ハートカットのビスチェやフリルやコサージュでさりげなくカモフラージュしましょう





「背が低くてぽっちゃり体型、どんな形がいいのかわからない」
スタイルに自信のない花嫁さまは、縦ラインを強調するのが鉄則!
ハイウエストのAラインドレスやふんわりしたドレスでも縦にあしらわれた
フリルなどをセレクトすると効果的です



その他にもお悩みによっておすすめするドレスが実は違うんです!
衣裳スタッフはあなたの強い味方です。
ぜひお気軽にご相談くださいね。




写真だけでは伝えきれないエピソードや感動秘話をスタッフブログで日々紹介中!

結婚式のお問い合わせはこちら
0263-29-1122

シルクの着け心地2016年12月9日

やわらかい付け心地と指先のフィット感で定評のある
グランマニエのシルクグローブから
新作デザインのグローブが新しく仲間入りしました☆




繊細なビーズ刺繍が手首を華やかにするショートグローブ
ライトに当たるとキラキラと輝きシンプルなドレスにもとてもよく合います☆



上品なレース刺繍がポイントのショートグローブ
細部にまでこだわった細やかなデザインが華奢な手先を演出します。



グローブの他にも、グランマニエからはシルク素材のベールのご用意もあります。
付け心地も抜群で、敏感肌の花嫁様にも安心して身に着けていただけます。


ぜひグランマニエが描く世界観をトータルコーディネートで体験してみてはいかがでしょうか?


写真だけでは伝えきれないエピソードや感動秘話をスタッフブログで日々紹介中!
結婚式のお問い合わせはこちら
0263-29-1122

美しい和装花嫁になるためのワンポイント講座!2016年11月23日

晴れの結婚式に日本の伝統的なきものを選ぶ方が増えています。
ですが着慣れないものですので動きにくくないだろうか、綺麗に見えるだろうかと不安もあるのではないでしょうか?

本日はコスチュームスタッフより着物で美しく振舞うためのコツをご紹介させていただきます。

1. 基本の立ち方 ‘漢数字の「八」をイメージしてしとやかに’

二人で並んで立つときは、漢数字の「八」をイメージしお互いの内側の肩を引いて少し重なるようにします。
新郎側の足を少しだけ後ろに引いて反対側の足に体重をかけるようにします。
すると身体が自然に新郎のほうを向くので寄り添っているかんじが出ます。
ドレス姿と違うのは体重がやや前にある感じで足の指の付け根辺りに体重をのせるような意識をもつこと。
姿勢を正そうとして後ろに反るのはNGですよ。

2. 基本の歩き方  ‘花嫁は小さな歩幅でゆっくりと’

カタカタ音を立てないように足の指の付け根までしっかり鼻緒に入れて摺るように歩きます。
足運びは円を描きながら前へ出すようなイメージで。歩幅はドレスに比べると
かなり狭く先に出した草履の4分の3くらいに次の足を出します。
草履ひとつ分以上の歩幅で歩かないことがポイント。やや足の力を抜いて膝を柔らかくし両膝が
くっつくような内股感覚にすると出しやすくなります。

最後にもうひとつアドバイス。

伏目がちにすると上品でしとやかな印象になりきもの姿がより素敵に。

花嫁は視線がとっても大切です。
洋装のときと違い3メートル先の地面、周りの方の胸元あたりを見るような目線の流し方を心がけましょう。


いかがですか?
ほんの少しのことできもの美人になれちゃいそうですよね。
ぜひ参考にしてみてくださいね。



写真だけでは伝えきれないエピソードや感動秘話をスタッフブログで日々紹介中!

結婚式のお問い合わせはこちら
0263-29-1122

キラキラアイテム2016年11月17日

お気に入りのドレスが決まるとそのドレスに合わせたアクセサリーを
一つ一つ一緒にコーディネートしていくのも衣装合わせの大切な一つです。

髪飾りはティアラがいいかな?
ベールの長さはどうしようか??

などなど

みなさん一つ一つの小物に悩みながらご自分だけのコーディネートをされています。


本日は衣裳サロンより冬のウエディングにピッタリのジュエリーをご紹介させて頂きます。




シンプルな一連パールのミキモトジュエリー
中央にはダイヤのモチーフがまるで
雪の結晶のようにキラキラと輝きます。

そしてお揃いのイヤリングにもパールとダイヤが
ふんだんにあしらわれています。

このほかにも、春の挙式なら春らしいパステルカラーのお花をたくさん散りばめたり、
夏の挙式でしたら、涼しげなクリスタルのアクセサリーを用いたり・・・

季節ならではのアイテムを取り入れると、
よりお2人らしいパーティーのコーディネートになるのではないでしょうか?





写真だけでは伝えきれないエピソードや感動秘話をスタッフブログで日々紹介中!

結婚式のお問い合わせはこちら
0263-29-1122

冬のイベントに☆2016年11月16日

これからの季節、冬にしかすることのできない
雪のなかのウェディング。

純粋無垢な新婦様のイメージにぴったりですよね♪

また冬はイベントもたくさんありますね。
今日はイベントごとにぴったりなカラードレスを
いくつかご紹介します。

クリスマスにおすすめなのがこちら!



真っ赤なドレスは雪景色にもしっかり栄えます◎
かっこいい大人な女性を演出できますよ。



ブラウンとピンクのドレスはバレンタインの
チョコレートを連想させます。
フリルとリボンでかわいらしい花嫁様に♡


ブライトガーデンでは冬になるとイルミネーションが
ガーデンいっぱいに施されたり、
クリスマスにはツリーが飾られたりと冬にしか
見られない一面がたくさん見られちゃいます♪



ぜひお気軽に足を運んでみてくださいね☆




写真だけでは伝えきれないエピソードや感動秘話をスタッフブログで日々紹介中!

結婚式のお問い合わせはこちら
0263-29-1122

家紋2016年11月2日

突然ですが…どこの家にも「家紋」があるのはご存知ですか?
「紋」とは紋章のこと。
世界で紋章をもつのはヨーロッパや米国の上流階級と日本だけと言われているんです。
家紋はなんと約20000種類あると言われています。花や草木の形が多く、
日本人のもつ大和心や独自な美意識がみえます。

ひとには誰にでも名字と名前がありますよね。それぞれ生まれた家には家紋が伝えられています。
そして、名字と家紋には密接な関係があると言われています。

たとえば…『丸に違い鷹の羽』

この紋は忠臣蔵の浅野家の紋。
武士が鷹をもってシンボルとすることは昔からあったのですが、元日の節会や御即位の式などで
両陣に鷹の羽を掲げたといわれています。さらに中世の武官がかぶる武礼冠にも鷹の羽を差していたそう。
武人に好まれた紋のようです。

古くから伝わってきた大切な「しるし」。ルーツを探ってみるとおもしろいかもしれませんね。


そしてきものの世界では、礼装や準礼装には紋をつけています。
レンタルの紋付や黒留袖に家紋(貼り紋)を付けることもできますので、
大切な日に格式を重んじ家の「しるし」を付けてみてはいかがでしょうか。




写真だけでは伝えきれないエピソードや感動秘話をスタッフブログで日々紹介中!

結婚式のお問い合わせはこちら
0263-29-1122

WEDDING FAIR