松本市高宮にある専門結婚式場 ザ・ブライトガーデン

松本市高宮にある専門結婚式場 ザ・ブライトガーデン
  • フェア予約 資料請求
    ご列席者の皆様
  • TEL:0263-29-1122 営業時間 10:00~19:00(火曜定休日)
  • ウェディングフェア
  • コンセプト
  • 挙式スタイル
  • パーティー会場
  • お料理・ケーキ
  • ブライズビューティー
  • プラン
  • アクセス

ブログ

2wayドレス2021年5月12日


ウエディングドレスには様々なデザインやラインがありますよね!

お袖の付くドレスにしようかビスチェタイプにしようか…
Aラインの王道なスカートにしようか
ふんわり柔らかい生地を纏ったスカートにしようか…
悩みは尽きません

しかし、悩んだデザインのどちらも着ることができる
2wayのドレスを選んだら
挙式と披露宴と雰囲気を変えられてもっと楽しくなりますよ♪

例えば・・・





ビスチェからオフショルダーへお袖の付けはずしが出来たり





柔らかいオーバースカートをかけて雰囲気を変えたり





同じスカートのドレスでも
お袖のデザインで雰囲気が大きく変わります!

上品なドレスに可愛さをプラスしたり
シンプルなドレスに華やかさが加わったり
装いの幅がグンと広がる2wayドレス

ぜひ衣裳サロンでご試着ください♪

写真だけでは伝えきれないエピソードや感動秘話をスタッフブログで日々紹介中!
結婚式のお問い合わせはこちら
0263-29-1122


新たな一歩に2021年4月23日

結婚式の準備で様々なアイテムを選ぶのはとっても楽しいですよね!
ドレスは何を着ようかアクセサリーは何をつけようかと
皆さんじっくりと悩むのではないでしょうか。

たくさんあるアイテムの中から今日ご紹介するのは
ウェディングシューズ。
ドレスに隠れてしまって見えることはないから…
と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、
一日中履くシューズにもぜひこだわりたいところですよね!



こちらのオリジナルシューズは
つま先とかかとにたっぷりとビーズ刺繍がされており
花嫁姿をより一層華やかな印象に◎

さらに、パンプス特有のピンヒールではなくウェッジソールタイプとなっているので
ヒールは履き慣れていないという新婦様にも安心していただけるシューズです。

中敷きも柔らかく長時間履いていても疲れにくくなっていますので
試してみたいという方はぜひ衣裳スタッフまでお声かけください!



写真だけでは伝えきれないエピソードや感動秘話をスタッフブログで日々紹介中!
結婚式のお問い合わせはこちら
0263-29-1122

特別な輝き2021年4月14日

たくさんの可愛いが詰まった TARO KAMITANI
オリジナルアクセサリー。

悩んで決めたドレスに合わせるのは、
こだわり抜いて作られた特別なアクセサリーたち。



【EMMA】



~少女のような遊び心を忘れない、大人な女性~

大小さまざまな形のビジューをランダムに並べ、
ルールに縛られず、どんなときにも自由で遊び心を忘れない、
人生を楽しもうとする花嫁様へ向けたヘッドアクセサリー。


カチューシャタイプでも可愛すぎず、
ナチュラルヘアにも華やかさをプラスします。





ルーズに巻き下ろしたダウンスタイルにも
ゆるふわにまとめたアップスタイルにも
合わせやすいデザインです。


結婚式という特別な日にしか身に着けることができない
“ほんもの”のジュエリーをぜひ一度手にとってみてくださいね。



写真だけでは伝えきれないエピソードや感動秘話をスタッフブログで日々紹介中!
結婚式のお問い合わせはこちら
0263-29-1122

花満開ドレス2021年4月7日

桜の開花とともにいたるところで草花が咲きほこり、日に日に景色もカラフルになってきました。
春だなーと感じると共に、ピンク・黄色・白と明るい色を見ると気分も上がってきますよね。


本日は春にピッタリのカラードレスをご紹介いたします。





アネモネの花がドレス全体にデザインされたインパクト大の花柄ドレス。

春の花のアネモネは赤・白・紫とカラフルに様々な色味がありそれぞれに花言葉があり、
ドレスにデザインされている赤は 【君を愛す】 白は 【希望】
どちらも結婚式にはぴったりの花言葉です♪


そしてアネモネの名前の由来はギリシャ語の風を意味する【anemos】 からつけられています。
花の種が風によりいろいろな土地へ運ばれることから、風を意味する名前がこのほかにも各地でつけられているようです☆

付属のレースボレロは取り外し可能でビスチェタイプですっきりとお召しいただくこともできます。

また、透け感のあるチュールスカートを合わせ、ふんわりとしたシルエットにチェンジすることもでき、
好みに合わせカスタマイズできるのもこのドレスのポイント♪




ぜひいろいろなアレンジを楽しんで下さいね♪




写真だけでは伝えきれないエピソードや感動秘話をスタッフブログで日々紹介中!
結婚式のお問い合わせはこちら
0263-29-1122



白から白へのお色直し2021年3月29日


花嫁様の衣裳のお色直しといえば…
カラードレスや色打掛が定番ですよね!

しかし最近ではウエディングドレスからウエディングドレスへ
お色直しをされる方も増えてきております

ラインやお袖などデザイン豊富なウエディングドレス
「運命の一着」とはいいますが
たくさん悩んでも絞りきれない花嫁様へ

定番や固定観念に囚われずに「これだ」と思ったものがあるのなら
ぜひ2着お召になりませんか?

例えば…





身体のラインが出るエレガントなマーメイドドレスや
ナチュラルな雰囲気のスレンダードレスから





ボリュームたっぷりのキュートなプリンセスドレスへ

それぞれのドレスのヘアスタイルやアクセサリーにもこだわると
印象を大きく変えることができますよね!

白いドレスは花嫁様の特権
一緒にたくさん悩んで運命のドレスを見つけませんか♪

写真だけでは伝えきれないエピソードや感動秘話をスタッフブログで日々紹介中!
結婚式のお問い合わせはこちら
0263-29-1122

幸福の光2021年3月10日

世界初のティアラデザイナー紙谷太朗氏が手掛けるジュエリーコレクション。

時を越えて人のぬくもりを伝えてくれるアンティークさが魅力のひとつです。
使われている石は30年~40年ほど前のヨーロッパの
ビンテージパーツを使用しているものもあるそうですよ。

コレクションの中でも花嫁様から絶大な人気を誇るティアラがこちら。
【STELLA/ステラ】



形の異なる大小様々なスワロフスキーを立体的に散りばめた
贅沢でスタイリッシュなジュエリー。

星をイメージしたデザインで、その輝く幸福の光を“ステラ”と名付けたそう。
そんなステラがおふたりの人生をいつまでも照らし続けます。
というメッセージも実は込められているのです!

結婚式という特別な日に TARO KAMITANI ジュエリーで
より一層の華を添えてみませんか!
写真だけでは伝えきれないエピソードや感動秘話をスタッフブログで日々紹介中!
結婚式のお問い合わせはこちら
0263-29-1122

美しき伝統模様2021年3月1日

日本の結婚式といえば白無垢や色打掛など
美しい刺繍が施された伝統的な“着物”
その凛とした姿は女性の憧れのひとつですよね♡

特に色打掛はたくさんの柄の種類があり
最近では色のバリエーションもかなり増えていますが
お着物に描かれた模様一つ一つにも
大切な意味が込められているのをご存知でしょうか?




色打掛の模様には“吉祥文様”と“季節柄”があります。
吉祥文様とは、おめでたいしるしや良い兆しを表現した文様の総称で
中国から来たものや日本で縁起が良いとされているものなど
たくさんの種類があります。
鶴や御所車、鳳凰や亀などが定番です。





結婚式の衣装で用いられることの多い “鶴” は
一度パートナーを決めると一生を添い遂げ、
たとえどちらかが亡くなっても新しい相手をつくることはありません。
このことから「夫婦円満の象徴」とされています。



季節柄とは、四季を感じさせる模様のことで、
季節ごとに咲く花をモチーフとしています。
春は桜や牡丹、夏は紫陽花、秋は紅葉など
お花によって季節が連想されます。





日本の国花でもある“桜”は
平安期以降春を代表する花として「人生の花」
を表すといわれています。
たくさんの花を咲かせることから繁栄の象徴とされ、
花びらの舞う美しい姿から美をあらわします。


色打掛を選ぶ際、お色味や模様で悩まれえる方が多いと思います。
このような模様の意味も含めて試着をしてみると
お着物への思い入れも変わってきますし、
素敵な一着に巡り合えるきっかけにもなりますよ♡







写真だけでは伝えきれないエピソードや感動秘話をスタッフブログで日々紹介中!
結婚式のお問い合わせはこちら
0263-29-1122



四季ならではの装い2021年2月22日

ここ数日はぽかぽかと温かい陽気の日々がつづき、春ももうそこまで来ています。

お着物の柄も3月から5月は桜や藤の花、椿、牡丹など春のお花が季節感を表現し、
着物ならではの『粋』な装いになります。

とくに桜は日本を代表するお花で、「春景文様」と呼ばれています。
平安時代以降、『花は桜』といわれるほど愛されてきました。
人生の春を表すとも言われており、花嫁衣裳にも桜の花はもちろん、
その花びらの舞う様子も多く描かれています。







また、藤の花は日本に古くから自生する植物として親しまれ、観賞用として宮中でも愛されてきました。
見た目の美しさから、女性を藤の花にたとえてうたわれた和歌もあるそうです。







藤の花が全体に描かれ、とても華やかですよね。



四季は日本特有のもので文化です。
ご結婚式を挙げる季節のお花を取り入れたお着物で、よりゲストの皆様を目でも楽しませていただいてはいかがでしょうか。



写真だけでは伝えきれないエピソードや感動秘話をスタッフブログで日々紹介中!
結婚式のお問い合わせはこちら
0263-29-1122

Valentine coordinate ♪2021年2月12日


2月14日は…【バレンタインデー】です♪

世界各地で恋人たちの日として祝われている
恋人や夫婦がお互いの愛を確かめ合う日

日本では愛の贈り物として
チョコレートを贈る習慣が定着していますよね!

そんな甘いイベントにおすすめのカラードレスは…

淡いピンクにお花たっぷりのAラインドレス


柔らかいチュール生地を何枚も重ねたボリュームドレス


チョコレートを思わせるような濃いめブラウンドレス



バレンタインデーの他にもクリスマスや七夕など
結婚式のお日にちがイベントに近いおふたりは
イベントにちなんだコーディネートでお色直しするのも素敵ですよね!

ドレスの色味やラインなど
どの衣裳にしようか悩まれている方はぜひご相談ください!
まだまだご紹介しきれないドレスたちと一緒に
衣装サロンでお待ちしております♪

写真だけでは伝えきれないエピソードや感動秘話をスタッフブログで日々紹介中!
結婚式のお問い合わせはこちら
0263-29-1122

夏でも桜?2021年1月25日

週末は雪で一面がきれいな銀世界に包まれましたね♪

土日もこれから結婚式を迎える新郎新婦様が
どんな衣裳にしようかな…と当日をイメージしながら衣裳合わせを進めていました!

先日のブログでも着物についてご紹介しておりましたが、
和装の衣裳合わせに際に、柄の事で皆さんからよくいただく質問があります。

【私たちの結婚式は夏だけど、この着物にはもみじとか桜とか夏ではないイメージの
柄が入っていてダメかな…?】

答えは…
そんなことは全くありません!!

色や柄など結婚式を挙げる季節に合わせて選びたい
そう思う方がほとんどだと思いますが、
実は和装に入っている柄は季節を表しているのではありません!

例えば桜。



白無垢や色打掛のほとんどに入っている柄といえばこれ!
というほど多くの衣裳に桜の柄が入っていますが、
ここでの意味合いは 【人生における春の訪れ】
おふたりの結婚を新たなスタートとし、そんな新郎新婦を祝うお花として
様々な衣裳に取り入れられているのです。

多くの着物にはこのような桜・藤・もみじ・椿など四季折々の草花が描かれており、
ひとつひとつにおふたりを祝う深い思いが詰め込まれているのです。



季節感がない…なんていう心配はせず、お気に入りの一着を一緒に見つけましょう!
衣装サロンでお待ちしております☆

写真だけでは伝えきれないエピソードや感動秘話をスタッフブログで日々紹介中!
結婚式のお問い合わせはこちら
0263-29-1122

お色直しもウエディングドレスで2021年1月15日


結婚披露宴でのお色直しは純白のウエディングドレスから
お色味の入ったカラードレスや色打掛への衣装チェンジが
王道のスタイル。

古来、花嫁様がお嫁入りの際
“これからどんな色にも染まります”
という覚悟を表し真っ白な白無垢を纏いその3日後、
色打掛に掛け替えることで
“嫁ぎ先の家風に染まります”
という思いを表明する、という風習がありました。

披露パーティーの中でウエディングドレスから
カラードレスへのお色直しはその名残とされています。

しかし最近ではウエディングドレスからウエディングドレスへの
お色直しをされる花嫁様も少しずつ増えています。




挙式は艶感のあるかっちりとした雰囲気の
Aラインのドレスで。
スカートのボリュームもしっかりとあり、
トレーンが華やかで長いデザインのものが多いため
チャペルにもバージンロードにも映え上品な花嫁様に。




お色直しはボリューム感をぐっと抑え
シンプルでナチュラルな雰囲気のドレスを。
柔らかなチュールのドレスは歩くたびにふわりと揺れ
きらきら輝く見頃の刺繍が魅力的♡


同じウエディングドレスでも
全く違ったデザインのドレスを着れば
印象や雰囲気ががらっと変わります。



“一生に一度の運命の一着”
ともよく言われますが、ウエディングドレスにも
たくさんの種類やデザインがあります。
お気に入りのドレスに出会えたのなら
ウエディングドレス2着の結婚式も花嫁様らしい
他にはない特別な結婚式になるはずです♡


純白のドレスは花嫁様の特権。
ぜひ結婚式の大切な一日は
大好きなウエディングドレスを着て過ごしてください☆





写真だけでは伝えきれないエピソードや感動秘話をスタッフブログで日々紹介中!
結婚式のお問い合わせはこちら
0263-29-1122

『晴れの日』を彩る着物2021年1月8日

結婚式や七五三などおめでたい日のことを『晴れの日』といいますが、
『晴れの日』として最も大きな節目といえるお正月。

『晴れの日』には普段とは違う豪華な着物を着て特別なお食事を神様に供えました。
そして神様の力が宿ったお供えを感謝しながら味わい、
日ごろの疲れを補い回復させるという大切な意味があったそうです。

そのようなこともあり、『晴れの日』にお召しになる着物のことを『晴れ着』と呼んでいます。


新しい年になりまして、衣裳サロンのディスプレイも華やかな色打掛でお客様をお迎えしております。


【束ね熨斗】





熨斗(のし)とは贈り物等に飾られる細長い帯状飾りのことです。
それを何本か重ねたものを『束ね熨斗』と呼んでいます。

たくさんの熨斗を束ねることから多くの人から祝福を受けていることや人と人との絆や繋がりを、
またその長さから長寿の象徴とされ、さまざまなおめでたい意味を含む吉祥文様です。

束ね熨斗の中には四季折々の草花や色鮮やかな刺繍がデザインされ、朱色の着物にとてもよく映えます。
朱色が可愛くなりすぎないよう深緑の重ね衿を合わせ、お顔回りがぐっと引き締まるようなコーディネートにいたしました。



様々な意味合いが着物の柄には込められており、日本人の粋な心を感じさせます。
合わせる小物次第で印象がガラッと変わるのも着物の素敵なところです。


ぜひ衣裳サロンにお越しいただいた際はご覧くださいね。


写真だけでは伝えきれないエピソードや感動秘話をスタッフブログで日々紹介中!
結婚式のお問い合わせはこちら
0263-29-1122


1 2 3 4 5 6 28
WEDDING FAIR