松本市高宮にある専門結婚式場 ザ・ブライトガーデン

松本市高宮にある専門結婚式場 ザ・ブライトガーデン
  • フェア予約 資料請求
    ご列席者の皆様
  • TEL:0263-29-1122 営業時間 10:00~19:00(火曜定休日)
  • ウェディングフェア
  • コンセプト
  • 挙式スタイル
  • パーティー会場
  • パーティーレポート
  • お料理・ケーキ
  • ブライズビューティー
  • プラン

ブログ

【おふたりらしさ】2017年8月31日

新郎新婦様と私たちスタッフは
たくさんのお打合せを行い当日を迎えます。

そのお打ち合わせの中で、
大切にしたいと思っていることは
「おふたりらしさ」や「おふたりのこだわり」です。


例えば、
「バスケット」がお好きなふたりなら受付に「ユニフォーム」を飾ったり
新婦様のブーケトスの後に新郎様から「バスケットボールトス」があったり
ウェディングケーキのデザインは「バスケットコート」をモチーフにしてみたり。

「和」にこだわるふたりなら、衣裳はもちろん和装にしたり
パーティーのスタートには「鏡開き」を行ったりお料理も和のものを多く使ってみたり。

などなど、
いろんなところで新郎新婦様の
「おふたりらしさ」や「おふたりのこだわり」を出すことができます。

結婚式の中におふたりらしさやこだわりが出てくることで
その日1日がおふたりにとってより想い出深いものとなり、
ゲストの皆様にとっても想い出に残る結婚式になるのではないでしょうか。


是非、新郎新婦様のご要望や想いをお聞かせ下さい!
私たちスタッフとともに楽しみながらお打合せ進めていきましょう♪




写真だけでは伝えきれないエピソードや感動秘話をスタッフブログで日々紹介中!

結婚式のお問い合わせはこちら
0263-29-1122

こだわりアイテムでおもてなしを♪2017年8月30日

ウエディングでは、新郎新婦さまこだわりの
手作りアイテムをご用意いただくこともできます♪

先日お手伝いさせていただいた新郎新婦さま、
おふたりの共通の趣味は「クライミング」!!
休みの日には、おふたり一緒に山に登りに行くこともあるそうです。

その写真がこちら!!



なんと、ウエルカムボードとして使いました!

そして、こちらはおふたりが集められた流木で作ったウエルカムボード!



アップにすると・・・ゲストの方から書いていただいた
メッセージ入りのバッジがついています☆



挙式中、おふたりの指輪を置くリングピローは新婦さまの手作りです♪



おふたりらしいアイテムを用意して、ステキなおもてなしをしましょう☆



写真だけでは伝えきれないエピソードや感動秘話をスタッフブログで日々紹介中!

結婚式のお問い合わせはこちら
0263-29-1122

イニシャルナフキン♪2017年8月29日

会場のコーディネートのポイントの一つにもなる「テーブルナフキン」。



ウエディングのテーマや
テーブルクロスのお色、
おふたりのコスチュームに合わせて、
ご新郎ご新婦様にお好きな色、生地などを
お選びいただいております☆

当日は、
ゲストの皆さまのお持ち帰りいただける「ナフキン」。
先日、お手伝いさせていただいた新郎新婦様は、
なんとひとつひとつにゲストの方のイニシャルを刺繍されました!

それがこちら♪


会場に入られたゲストの皆さまは、
そのナフキンを見てびっくり^^


ご自身のナフキンを見せ合ったりと、
会話も弾みます♪


皆さまとてもお喜びになられていらっしゃいました!

ぜひおふたりならではの「おもてなし」で
ゲストの皆さまをお迎えしましょう☆



写真だけでは伝えきれないエピソードや感動秘話をスタッフブログで日々紹介中!

結婚式のお問い合わせはこちら
0263-29-1122




末広はなぜ持つの?2017年8月28日

よくこんな質問をされます。

末広とは扇子のこと。
紋付袴にも白扇。
白無垢や色打掛、留袖にも末広。

お祝いの場で和装をお召しいただく場合それぞれ必ず扇子をご用意しています。
いったいどうして扇子を持つのでしょうか?



扇子は開いた姿が末広がりで終わりがなく大変縁起が良いということは
皆さんもご存じの通りかと思います。幸せが末永く続きますようにという
願いが込められている他に、実はもっと隠れた秘密があるんです。

茶道や日本舞踊など日本の伝統芸能の世界では、膝前に閉じた扇子を置いてご挨拶します。
これには敷居の意味があり、相手に対してひとつ自分が謙っていることをあらわしています。
畳のヘリと同じく相手との境界として置いて、相手に対して
「私はあなたと同じ畳に上がるほどのものではなく、別の畳のこちら側に控えています」
というつつしみをあらわしているのだとか。

たかが扇子と言うなかれ、扇子ひとつとっても相手に対する
細やかな思いやりを持つ日本人の繊細な心が表れているんですね。



それぞれの意味を知るとなんだか気持ちも引き締まります。
ゲストへの感謝の想いもひとしおにお式に臨むことができそう。

今週末も結婚式を迎えられる方がいらっしゃいます♪
みなさまの幸せが末永く続きますように。

写真だけでは伝えきれないエピソードや感動秘話をスタッフブログで日々紹介中!
結婚式のお問い合わせはこちら
0263-29-1122


パーティー会場をおふたり色に2017年8月27日

パーティー会場の雰囲気をつくりあげるのが
「テーブルコーディネート」

テーブルクロス、ナプキン、装花の色味によって
雰囲気を大きく変えることができます。

ザ・ブライトガーデンの「エリザベス」

白のコーディネートで、大人な雰囲気の会場ですが、

ピンクのコーディネートにすると…


可愛らしい雰囲気へと変わります!

白とグリーンで会場内を彩れば、

一段とナチュラルな雰囲気に!!

同じ会場でもコーディネートを変えるだけで別の会場のようですよね!

「でも、コーディネートって難しそう…」
そう思った方もご安心ください!

ふたりの希望を伺いながら
フローリストがコーディネート選びをサポートします。

お気に入りのテーブルコーディネートで
会場内をおふたり色に彩りましょう♪

写真だけでは伝えきれないエピソードや感動秘話をスタッフブログで日々紹介中!
結婚式のお問い合わせはこちら
0263-29-1122




感謝の気持ちをアイテムに込めて2017年8月26日

結婚式という特別な1日だからこそ伝えたい気持ち
ご両親に対する「ありがとう」




皆さんはどんな形で伝えますか?




今日のウエディングでは【花束贈呈】の際
こちらの記念品を親御様にプレゼントされました!



【三連時計】です♪


一枚の板から作り、木目のつながる 世界でたった1つの時計



真ん中の時計は新郎新婦様の新居へ
そして両側2つは両家の親御様へのプレゼント☆



離れていても、みんな同じご家族。
「いままでありがとう」「そしてこれからもよろしくお願いします」

そんなお気持ちをこめてのプレゼントのシーンでした☆








写真だけでは伝えきれないエピソードや感動秘話をスタッフブログで日々紹介中!

結婚式のお問い合わせはこちら
0263-29-1122

ブライダルシーズン2017年8月25日

季節は夏から秋へ移り変わりの風を感じる今日この頃。
まもなく秋のブライダルシーズンを迎えます。
今年もブライトガーデンのチャペル、『セント・スティーブン』では神聖なバージンロードを多くの花嫁が歩みます。
バージンロードとは和製英語。海外では通じない場合も・・・
正確にはwedding aisle(アイル)」(花嫁の為の通路)と呼びます。

「バージンロードを歩く」という儀式は最も感動するシーンでもあります。
バージンロードを歩く“一歩一歩”は、“花嫁が生まれた日”から今日までの道のり”を表しています。
今までの人生を意味するバージンロードを歩む前に行うベールダウン。この儀式は「お母さんお腹の中、0歳に戻ります」の意味だそうです。
「これから始まる長い道のりに幸あれ」の意味を込めて、そっとベールを降ろします。
そして、生まれた日、今まで生きてきた1日1日を思い出しながら。お父さんと一歩ずつ、歩みを進めます。
そしてバージンロードの中盤は、“今日”を示し、ここで彼にバトンされます。
娘からお嫁さんに変わる時がやってきます。
バージンロードを歩く相手は大切な人であれば誰でもかまいません。
一緒に歩いてくれる特別な人には、今日の歩みの意味と、たくさんの感謝の気持ちをしたためていれば・・・

あなたは誰と歩きたいですか?



写真だけでは伝えきれないエピソードや感動秘話をスタッフブログで日々紹介中!
結婚式のお問い合わせはこちら
0263-29-1122

似たもの同士2017年8月24日

たくさんのカップルのウエディングをお手伝いさせていただくと
よく感じることがあります。
それは
「新郎様と新婦様、似てるなぁ」
ということ。

お顔立ちが違くても、
表情や、話し方、リアクションのタイミングなど・・・
「あ!同じだ!」
と思うことが度々あります。

そして結婚式当日思うのは
「あ!家族や親族も同じだった!」

いっしょにいる時間が長かったり、趣味や考え方が似ていると
それってオモテにも表れてくるんですね♪

結婚式の準備をしながらまわりのみなさんの表情をよく見てみてください☆
きっとどこか自分と似ているところが見つかるのでは!?

そんな風に自分の身の回りのみんなとの関わりやつながりに気づけるのも
結婚式の魅力のひとつ。
ステキな絆や出会いが、結婚式を機に広がっていくのが楽しみですね♪


ちなみにそんな話を新郎新婦様としていたら
こんな風に言われました。
「それはブライトガーデンのスタッフさんも同じですよ!
なんだかみなさん雰囲気が似ています」
びっくり!
似ていますか!?



写真だけでは伝えきれないエピソードや感動秘話をスタッフブログで日々紹介中!
結婚式のお問い合わせはこちら
0263-29-1122


季節に合わせた演出2017年8月23日

8月も下中になりましたが、まだまだ暑い日々が続いています。

暑い季節に喉を潤してくれるのが・・・

やっぱり「ビール」ですよね!

披露宴でもビールは登場してきます。

皆さんのイメージはお酌の時の瓶ビールではないでしょうか?

ですが、ブライトガーデンやセージでは「生ビール」も披露宴の中で登場します。

どのような形で登場するかというと・・・


このようにショルダー式で登場!
よく野球の球場で目にしたこともある方もいるかもしれません。

披露宴では各テーブルを周りゲストの方に日頃の感謝を伝えながらビールを注ぎ
入れていただくシーンとなります。
また、新婦様はビールに合うおつまみをゲストの方に配る方も中にはいらっしゃします。
その中で、お写真タイムもありとっても盛り上がったお写真も撮れるのも
おすすめポイントです。

これから、披露宴の演出で悩んでいる新郎・新婦様季節に合った演出をしてみるのも1つかもしれません。
是非、参考にしてみてください!


写真だけでは伝えきれないエピソードや感動秘話をスタッフブログで日々紹介中!
結婚式のお問い合わせはこちら
0263-29-1122



新作タキシード入荷しました☆2017年8月22日

結婚式のタキシードといえば、白?グレー?黒?

皆様はどのようなイメージをお持ちですか??

最近は、定番の3色に問わず女性のドレスのように様々な色味の
タキシードが人気沸騰中です!


本日はカラードレスに合わせてもぴったりのタキシードをご紹介致します。


『ロゼ』




光沢のあるワインレッドのジャケットは、暖色系のドレスはもちろん、
今年流行のネイビーなどの深いお色味のカラードレスともよく合います☆

衿元とパンツをブラックで合わせ着こなしやすくデザインされているのも挑戦しやすいポイント

お仕事柄、日焼けしてしまう・・・なんて新郎様にも
赤系のお色味はお肌を明るく見せてくれるので相性ばっちりです♪


お衣装合わせは、女性だけの楽しみではありません!
新郎様だっておしゃれに素敵に着こなしていただけるタキシードを
楽しみながら見つけたいはず・・・


ぜひお2人ならではのコーディネートをお楽しみください!



写真だけでは伝えきれないエピソードや感動秘話をスタッフブログで日々紹介中!
結婚式のお問い合わせはこちら
0263-29-1122

凛とした女性に2017年8月21日




可愛らしさとストーリー性のあるロマンチックなデザインで
結婚式という特別な一日を優しく、素敵に変えてくれる
“TARO KAMITANI”の魔法のジュエリーコレクション。




ひとつひとつをハンドメイドし、洗練されたデザインの中には
それぞれに込められた想いやストーリーがあり
大切な節目を迎える花嫁様をより華やかに輝かせます。





中でもリーフをモチーフとして作られた“Jean ジーン”は
寛容で愛情にあふれた女性の「力強さ」の裏に持つ
「繊細さ」が表現されています。



自然の強い生命力を感じさせる重なり合った葉には
光り輝くスワロフスキーがふんだんに埋め込まれており、
そこから零れ落ちそうなパールが、凛とした印象の中にも
女性の儚さが感じられるアクセサリーです。


 





洗練された繊細なデザインの作品たちを
ぜひ実際にお手に取って身につけてみてくださいね。



写真だけでは伝えきれないエピソードや感動秘話をスタッフブログで日々紹介中!
結婚式のお問い合わせはこちら
0263-29-1122

神前式の魅力2017年8月20日


先日お手伝いをさせていただいた
新郎新婦様が選んだのは「神前式」

家族の絆を大切にしていたお二人
両家ご親族様に見守られる中
神前にて誓いをたてられました



「神前式」とは、神様の御前にて
縁あって出逢えたことに感謝し、
幸せな家庭を築くことを誓うもの

お二人がご夫婦として、
また それぞれの両家がご親族様として繋がる
日本古来から行われてきた伝統的な挙式

この日も1組の新しい夫婦と
親族の絆が結ばれました



小さな頃から見守ってくださった皆様は
大きくなった背中や
凛とした横顔をみてきっと
胸をいっぱいにしていたのでは


由緒ある縁結びの神様
出雲の大神様のご分霊を祀った神殿で
お二人、ご両家ご親族様の
新たな門出をお迎えしましょう



写真だけでは伝えきれないエピソードや感動秘話をスタッフブログで日々紹介中!
結婚式のお問い合わせはこちら
0263-29-1122

WEDDING FAIR