松本市高宮にある専門結婚式場 ザ・ブライトガーデン

松本市高宮にある専門結婚式場 ザ・ブライトガーデン
  • 資料請求
  • フェア予約
  • TEL:0263-29-1122 営業時間 10:00~19:00(火曜定休日)
  • ウェディングフェア
  • コンセプト
  • 挙式スタイル
  • パーティー会場
  • パーティーレポート
  • お料理・ケーキ
  • ブライズビューティー
  • プラン

ブログ

小さな贈り物☆2017年7月21日

結婚式のお見送りのとき「ありがとう」の気持ちを込めて
ゲストの方ひとりひとりに手渡しをするプチギフト。



このプチギフトはイタリアではじまったと言われています。
イタリアの花嫁さんたちはドラジェ(アーモンドを砂糖でコーティングしたお菓子)に、
レ-ス、リボンなどを使って
かわいらしくラッピングをして配るそうです。

そもそもドラジェは古代ローマの菓子職人が
アーモンドを蜂蜜の容器に落としたのがはじまりで、
その後砂糖でコーティングされるようになり、
結婚式や子どもの誕生祝いで街中に配られていた習慣が
今も残されているとか…


日本のプチギフトはスプーンやお箸、手作りのクッキーなど
プレゼントの種類はさまざま。
パッケージにおふたりのお写真の入ったお菓子や、
楽しい柄の入ったトイレットペーパーなどユニークなものを
ご用意する新郎新婦様もいらっしゃいます!


オリジナルティ溢れるものを用意したいけど
なにが良いのかわからない…。
という新郎新婦様も
お気軽にスタッフにご相談してください♪


おふたりだけのオリジナルプチギフトで
ゲストの方々に感謝の想いを伝えましょう!!



写真だけでは伝えきれないエピソードや感動秘話をスタッフブログで日々紹介中!

結婚式のお問い合わせはこちら
0263-29-1122

花の旬2017年7月20日

7月20日の誕生花のひとつにトルコキキョウがあります。
皆さんはこのお花ご存知ですか?




市場に1年を通して流通していますが、夏の時期が旬なんです!
旬の時期というのは他の季節よりもその花のボリュームがよく、
花の持ちもとてもいいんですよ。

実は、長野県での生産量が日本一で、
年間1,250万本ほどのトルコキキョウが全国に出荷されています。




また、トルコキキョウは一重のものをイメージする方が多いかもしれませんが、
可憐な一重咲きのものから幾重にも花びらが重なり立体感ある八重咲き、
花びらがフリンジのようになったフリンジ咲きのものまで種類が豊富です。
ゴージャスな印象の八重やフリンジタイプがブライダルシーンにはとても人気があります。
まるでバラのように美しいその存在感は、ブーケにもGood◎です。

花言葉は
・「希望」
・「優美」
・「清々しい美しさ」
・「よい語らい」
・「永遠の愛」
・「変わらぬ美」
・「花嫁の感傷」



どの花言葉も花束や会場装花にぴったりですよね!
旬なお花たちに思いを込めてみてはいかがですか?




写真だけでは伝えきれないエピソードや感動秘話をスタッフブログで日々紹介中!

結婚式のお問い合わせはこちら
0263-29-1122

Enjoy Night Party !!2017年7月19日

暑い日が続いていますが、いかがお過ごしでしょうか?
夏といえば、海やBBQといったアウトドアの季節ですよね!

そんな季節に
アウトドアな雰囲気を楽しめる
夜のガーデンウエディングパーティーはいかがでしょうか♪


キャンドルとイルミネーションが輝く空間に
ゲストをおもてなし♪

「ボトルドリンク」をご用意されても
持ち運びが手軽にできて、見た目も可愛い!
ガーデンでのウエディングパーティーにぴったりです!


また、ゲスト全員でLED入りの風船を空に放ち
風船の光で夜空を彩ったり、
花火でおふたりの特別な日を祝福したり…

ナイトタイムだからこそ映える演出も沢山あります!

かけがえのない時間を光が照らすナイトウエディング。
爽やかな夜風が心地良いガーデンに
ゲストの笑い声が響きます。

是非大切な一日をロマンチックな光とともに
お過ごしいただいてはいかがでしょうか?






写真だけでは伝えきれないエピソードや感動秘話をスタッフブログで日々紹介中!

結婚式のお問い合わせはこちら
0263-29-1122

誓いの蓋?2017年7月17日

エンゲージカバーセレモニーをご存知ですか?

『エンゲージカバーセレモニー』は挙式の中の演出のひとつで
リング交換を行った後、新郎からあらためて新婦に婚約指輪を贈り、
新婦の結婚指輪に重ねてはめるという演出です。



婚約指輪が結婚指輪の上にくるように重なることで、
「二人の永遠の愛と絆に蓋をする」という素敵な意味が込められています。


彼からプロポーズの時にもらった高価な婚約指輪を普段するには
抵抗がある女性も多いのではないでしょうか。
そのままジュエリーボックスに眠らせてしまっていては寂しいですよね。
大切なエンゲージリングをこの演出で活躍させてみたらいかがでしょうか?

挙式だけでなく、披露宴や二次会でのパーティ中に
新郎から改めてプロポーズの再現をしてから指輪をはめてみるのも
ロマンティックな演出です。



これから幸せを迎える皆さん
『エンゲージカバーセレモニー』で永遠の誓いを封じ込めましょう・・・




写真だけでは伝えきれないエピソードや感動秘話をスタッフブログで日々紹介中!

結婚式のお問い合わせはこちら
0263-29-1122

意外と難しい【ナチュラルウエディング】2017年7月16日

自由なスタイルでウエディングを過ごしていただける今だからこそ
【ナチュラル】な雰囲気のウエディングにしたい!
という花嫁様もたくさん。

ただ、形にしようとすると意外と難しいのが【ナチュラルウエディング】
さっぱりしすぎてしまったり、
ナチュラルすぎてばらばらとまとまらなくなったり、
特別感が全くなくなってしまったり・・・

そこで!
とってもステキなナチュラルスタイルの結婚式をご紹介します!
先日実際にレストラン・セージで結婚式をされた方です♪


まずは会場のコーディネート。
優しい色味の小花を散らしてかわいらしく、
そしてアレンジメントではなくガラス瓶に活ける形でナチュラルに。


それからブーケも、
籠とリボンでナチュラルテイストをそろえつつ
花材を変えてクラシカルな上品さもプラス。


そしてウエディングケーキはネイキッドケーキ。
豪華なデコレーションではなく素朴なかわいらしさが魅力。

いかがでしたか?
細かなアイテムまでひとつひとつにこだわって
ステキな【ナチュラルウエディング】を形にしましょう!




写真だけでは伝えきれないエピソードや感動秘話をスタッフブログで日々紹介中!
結婚式のお問い合わせはこちら
0263-29-1122





お二人の出会いを演出に!2017年7月15日

最近、面白い演出を行なった新郎新婦様がいらっしゃいました。

お二人のお付き合いのスタートキッカケは・・・
小学生の時に埋めた「タイムカプセル」を開けるとき
その再開でお二人とも一目ぼれ!


そんなこともあり結婚式の中で「タイムカプセル」を取り入れたいという
ご希望でした。

ウェルカムスペースでゲストからお二人への思いを書いていただき
そのメッセージカードをカプセルの中に入れるという演出でした。



このメッセージを読まずに数年後の結婚記念日まで大事にとっておき
そしてその日初めて二人でカプセルを開けて読むのです。

新郎新婦様がお帰りになる際の「また、楽しみが増えました!」とおっしゃっていました。


これから結婚式を挙げる皆様もお二人ならではの演出を取り入れたパーティーは
いかがでしょうか?

ブライトガーデン・Sageでは、オリジナル演出をしたいお二人の
お手伝いもさせていただきます!

是非、お気軽に ご相談ください!


写真だけでは伝えきれないエピソードや感動秘話をスタッフブログで日々紹介中!
結婚式のお問い合わせはこちら
0263-29-1122




絆を結ぶ2017年7月14日


結婚式の中でもかわいらしいモチーフとして人気なリボン


たとえば、こちらのお写真のように、誓いの証である結婚指輪をのせるリングピローに用いたり、




チャペルのバージンロートにも映えるようドレスのバックスタイルのポイントとしても人気です。




様々な形でウエディングシーンに用いられているリボンですが、
こんな素敵な意味合いもあるんです!



「結婚する」という言葉。英語では「tie the knot」と表現することもあります。

直訳すると「ひもを結ぶ」という意味。
ふたりの人生を2本のひもにたとえ、「結ばれる」という意味を持たせた言葉です。
結婚がより強い結束の証であることがわかりますよね??


また中世のヨーロッパでは、戦地へ行く夫や恋人の無事を祈って、盾にひもを結ぶ習慣もありました。
「恋結び」と呼ばれたそのひもも、結婚を意味していたそうです。



「愛しあうふたりの絆が結ばれた」というロマンティックな雰囲気が伝わる「tie the knot」という言葉



結婚式でもスウィートなリボンを用いてぜひ表現してみてはいかがですか??



写真だけでは伝えきれないエピソードや感動秘話をスタッフブログで日々紹介中!
結婚式のお問い合わせはこちら
0263-29-1122



夏だ!海だ!!2017年7月13日

松本も朝夜も気温が高い、夏らしい気候になってまいりましたが
皆様体調はいかがでしょうか?


気温についていけず、夏バテになっている人もいるかと
思いますが、夏といえばイベントの多い季節ですよね♪

皆さんは夏といえば何を思い浮かべるでしょうか?


花火大会やキャンプ、夏祭りにプールと楽しいことが
たくさんありますが、私が夏といってまず思い浮かべるのが
“海”です。


海のない長野県に住んでいるからこそ、青く澄んだ海に
憧れたり、好きだと思う方もいるのではないでしょうか。



「そんな海の景色を少しでも結婚式で表現したい」
「ゲストの方々にも大好きな夏の海を感じてもらいたい」


そんな新郎新婦様に、この時期にぴったりの
海をイメージしたコーディネートを一部ご紹介♪



受付に飾るwelcome space には
浜辺に散る貝殻を☆

お2人でいった海辺で拾い集めた貝殻を飾ってあげると
さらにお2人らしさがプラスされますよね。




貝殻は受付以外にも、パーティー会場内のテーブルにも☆



“海の波”をイメージしたブルーのクロスにも栄えてきますね。
白いテーブル装花が爽やかに、清潔感あるコーディネートに
まとめ上げます。




夏は海、秋は紅葉、冬は雪、春は桜
一年を通してその季節にしかできないコーディネートや
イベントを取り入れて、
お2人の特別な“結婚式”を挙げた季節も
より大切なものとできると素敵ですね(*^^*)










写真だけでは伝えきれないエピソードや感動秘話をスタッフブログで日々紹介中!

結婚式のお問い合わせはこちら
0263-29-1122

今までにないビュッフェタイムを♪2017年7月12日

ゲストの皆様がご自由に
お好きなケーキやフルーツを召し上がれる
“デザートビュッフェ”




あまいスウィーツを食べながら
ゲストと一緒に写真を撮る新郎新婦の姿や
楽しげな会話がはずむような演出となります♪


そして、最近話題なのがデザート“以外”の
ビュッフェスタイル!
そちらが

“ キャンドル ビュッフェ ”


披露宴で行うキャンドルリレーのキャンドルを
ゲストに選んでもらう演出です♪
そして、選んでもらったキャンドルを演出で使えば
より思い入れのあるアイテムになるはず
何色がいいかなと楽しそうに選ぶ
ゲストの姿が思い浮かびます

そして
“ キャンディ ビュッフェ ”


こちらはデザートビュッフェと似てますが
用意するものはキャンディやグミなど
片手で簡単につまめるもので食べやすく☆
タイミングも様々
たとえばキャンディをポットやジャーに入れて
ウエルカムスペースにおいてご自由にとっていただいたり
ゲストの方のフォトスポットにも一役です♪


結婚式で大人気の演出にも一工夫をくわえると
ぐっとおふたりらしい演出に変えることができます
ぜひお気軽に相談してください♪

写真だけでは伝えきれないエピソードや感動秘話をスタッフブログで日々紹介中!
結婚式のお問い合わせはこちら
0263-29-1122

love2017年7月11日

ウェディング雑誌などに多く掲載され注目を集めている
TARO KAMITANIのジュエリー。

いくつかあるコレクションの中から今日ご紹介する一点はこちら!

【love】



隠し文字【love】が特徴的なアンティークゴールドのジュエリー。
まるで少女の頃に作った花飾りのようにフリーハンドメイドなラインが
女性らしい美しさを演出します。
様々な四季の花のモチーフには365日のLOVE という
想いも込められて作られているそうです!

ティアラに隠されているLOVEと中央にデザインされたリボンが
おふたりの永遠の愛を結んでくれることでしょう!



TARO KAMITANIコレクションの中でも支持率の高い【love】
ぜひ一度衣裳サロンでご覧になってみませんか!

写真だけでは伝えきれないエピソードや感動秘話をスタッフブログで日々紹介中!
結婚式のお問い合わせはこちら
0263-29-1122

懐かしいお顔に2017年7月10日

結婚記念日にお食事に来てくださった おふたりと
楽しいひとときをすごしました

1年前に結婚式のお手伝いをさせていただいたおふたりでした

準備期間に大変だったこと
私と話した小さなことも覚えていてくださっていたり
結婚式当日 緊張で上手くいかなかったことや
楽しかったこと

おふたりと話している時間
1年前にタイムスリップしたみたいに
そのときどきのことがよみがえりました
それと同時に なんて素敵お仕事!とあらためて実感させてもらいました

人生の節目
結婚式はとてもたいせつな1日です
これから迎えるおふたりにも このおふたりのように
素敵な1日にしていただきたいと思います

そして 何年たっても お食事に 遊びにきていただける場所で
ありたいと思います



写真だけでは伝えきれないエピソードや感動秘話をスタッフブログで日々紹介中!
結婚式のお問い合わせはこちら
0263-29-1122

ちょこっと豆知識2017年7月9日

披露宴に招かれたことのある方は既にご存知でしょうが
祝儀袋を包むにしてもお金の入れる向き、中袋の書き方、熨斗(のし)の掛け方など
いろいろとマナーがありますね。

伝統や縁起をかつぐことを大切にする日本人には
沢山の由来や語源、意味があります。



例えば、引き出物の中に含まれる記念品のラッピングにも
慶事に用いられる包み方があるってご存知ですか?

ご両家の苗字、もしくは新郎・新婦のお名前が書かれた熨斗紙
上の包装部が開いており

袋のようになっているのは
『幸福』がその開いたところから舞い込み溜まるといわれているからだそうです。



「披露宴に出席されたゲストの皆様にも、幸福が訪れますように!」
ご両家からの気持ちも添えられているんですよ!(^^)!



写真だけでは伝えきれないエピソードや感動秘話をスタッフブログで日々紹介中!

結婚式のお問い合わせはこちら
0263-29-1122


WEDDING FAIR