松本市高宮にある専門結婚式場 ザ・ブライトガーデン

松本市高宮にある専門結婚式場 ザ・ブライトガーデン
  • フェア予約 資料請求
    ご列席者の皆様
  • TEL:0263-29-1122 営業時間 10:00~19:00(火曜定休日)
  • ウェディングフェア
  • コンセプト
  • 挙式スタイル
  • パーティー会場
  • パーティーレポート
  • お料理・ケーキ
  • ブライズビューティー
  • プラン

ブログ

きものの着こなし2018年9月14日

一生に一度の晴れの日
日本女性の美しさを引き立てるきもの姿
ドレスももちろんステキですが、
伝統的な装いでゲストをお迎えし厳かな雰囲気で大切なひとへ想いを伝える
魅力的だと思いませんか?





ところできものといっても着こなしがよくわからないという方もいらっしゃるはず
艶やかで豪華なものも、その場に華やぎを与えてくれ晴れの日にふさわしいですが、
さりげないお洒落が『粋』な着こなしでもあるんですよ

古くは江戸時代
度重なる贅沢禁止令、庶民が高価な絹製品を着用することは許されませんでした
木綿や麻などを着用していましたが、お洒落な江戸っ子は粗末な木綿には満足しませんでした
そこで考えたのが裏地のお洒落♪

表地は粗末な木綿で実は裏地で絹を身にまとって堂々と外にでる
裏地であれば役人に捕まることなくお洒落を楽しめる
それが次第に江戸っ子の粋な着こなしとして広まっていったそうです

現在でも上着などを脱ぐ時にちらりと見える裏地に凝ってみたり、
下着など、通常は人に見せない部分にお金をかけることってありますよね
江戸時代からの名残なんですって!


 


お顔周りにちらりと見える刺繍半襟のコーディネートは注目度大!
また色打掛からのぞく帯や小物も色や刺繍入りのものによって
あそびゴゴロあるコーディネートが完成します

きものの『粋』な着こなしぜひお試しくださいね

写真だけでは伝えきれないエピソードや感動秘話をスタッフブログで日々紹介中!
結婚式のお問い合わせはこちら
0263-29-1122

WEDDING FAIR